滝沢秀明が『暴露』ヒロミが「ブチギレ」収録中断の過去にファン感激の理由

滝沢秀明 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

12月24日に放送された『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に滝沢秀明が出演。共演したヒロミに対して手紙を読み上げ、ヒロミに感謝した。手紙の中で滝沢はヒロミが過去、番組中に激怒したエピソードを披露。これが視聴者の間で話題を呼んでいる。

この日も2人は番組企画のリフォームを敢行。表舞台から身を引く滝沢にとっては最後の番組出演とあって、作業はテキパキと進んだ。幼稚園を子供向けにリフォームし、園児たちにも開放。子供たちに笑顔があふれた。

コーナー終盤、ヒロミは有名ブランドの革ジャンにネームを入れて、滝沢にプレゼント。滝沢も「お返し」に、と手紙を用意し読み上げた。

滝沢はヒロミをコーナーにちなんで「棟梁」と呼び、手紙を読んだ。滝沢によると、2人の出会いは23年前の別番組だった。デビュー間もない時期で、当時30歳だった「棟梁」は「ちょっと怖く、周りがピリッとするような存在」だったという。

滝沢は「番組内で棟梁が激怒し、(過去の)収録が中断したこともありましたね」と「暴露」。思わずヒロミは「すいませんでした」と頭を下げた。

 

ヒロミが激怒し収録が中断したきっかけは…

しかし、滝沢はヒロミの「激怒」に感謝しているという。「しかしそれ(ヒロミの激怒)は、横柄なゲストに困っていた僕たち(ジャニーズ)Jr.を守るための行動でした」と明かすと、「周りの大人は恐れていたかもしれないが、僕にとっては頼れる兄貴のような存在」とヒロミを称え、「常に僕たちを気にかけてくれた。感謝の連続」と頭を下げた。

これにジャニーズファンの間には

《ヒロミさん、なんて愛のある人なんだろう》
《『8時だJ』で収録を止めてくれたんだ》
《手紙が泣けたなあ》
《そんな話、初めて聞いた》

と大きな反響が起きていた。

滝沢からは感謝され、ジャニーズファンの間で株も上がったヒロミ。しかし、もしかすると過去に「干された」きっかけは番組中の「キレ癖」が原因だったのか?

 

【あわせて読みたい】