木村拓哉が「落ち目芸能人」の逃げ場、中国版ツイッター『微博』に登場!

木村拓哉

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

木村拓哉が12月22日、中国版ツイッターともいわれるSNS『微博(ウェイボー)』の公式アカウントを開設した。流暢な中国語であいさつする動画を初投稿すると、中国語圏のファンらを中心に喜びのコメントが殺到。アカウント開設からわずか1日で30万人を超えるフォロワーがついた。

また同日、タレントの藤田ニコルもアカウントの開設を発表。『微博』で活躍する日本の著名人や企業を表彰する『WEIBO Account Festival in Japan 2018』の会場に現れた藤田は、「日本ではツイッターとインスタグラムをやってるけど、中国への発信もしたくて」と開設の理由を話した。

「キムタクや藤田のアカウント開設は明らかにフェスティバルを意識したものです。本人も興味は持っていたかもしれませんが、裏で『微博』と所属事務所の“思惑”が働いたのは間違いないでしょう。藤田に至っては来年の新元号について聞かれ、『“微博”でいいんじゃないですか』と媚びる場面もありましたしね」(芸能ライター)

『微博』は現在、全世界に7億人以上のユーザーを抱えているという。メインユーザーのほとんどは中国語圏ではあるが、その宣伝効果は計り知れないだろう。事実、芸能人らの『微博』へのアカウント開設は近年増えてきている。

「例えば俳優の佐藤健や三浦春馬は、投稿はほとんど出演映画やドラマに関するものばかりです。ファンからすれば少々物足りないかもしれませんが、“中国語圏にも発信してくれている”ということだけでもうれしいようです」(同・ライター)

 

積極的に中国語圏に仕事を求める芸能人たち

一方で、仕事とは無関係の、まさしくツイッターのような“日常的なつぶやきの場”として利用しているケースも多い。

「女優の水原希子や桐谷美玲、元AKBの小嶋陽菜などがそうですね。興味深いのが、そういう利用をしている芸能人らは日本での活動が“頭打ち”で、いわば“落ち目”になっていることです。裏を返せば、仕事を中国語圏に求めているケースとも言えるでしょう」(同)

それらは前出のフェスティバル受賞者の顔ぶれからも見て取れるという。

「『アクティビティアーティスト賞』に歌手のGACKT、『もっとも影響力のあるアーティスト賞』に元『KAT-TUN』の赤西仁、『ファッションアーティスト賞』に加藤ミリヤですからね。来年の受賞者にはキムタクが入ることも既定路線でしょう」(同)

酒井法子や蒼井そらなど、日本よりもアジアでの人気の方が高いタレントもいるが、今後はそういった芸能人も続々と増えてくるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】