奥山佳恵が『サンタの秘密』をテレビで明かしてしまい大炎上!

(C)sergo1972 / Shutterstock

女優の奥山佳恵が12月24日『スッキリ』(日本テレビ)に出演し、まさかの“爆弾発言”をして視聴者を大激怒させてしまった。

この日、番組では“私の忘れられないクリスマス”というテーマでトークが行われていたが、奥山は「私も実は現役でいまだにクリスマスプレゼントをもらっているんですよ。サンタさんから。物心ついたときからずっとですよ。今44歳、現役で」と発言。続けて「結婚したときに、うちの父が(自分の)旦那さんに『君が今日からサンタさんだ』って言って引き継ぎがあり、今でも多分、今年もプレゼントがもらえるんじゃないかな」などと、まさかのサンタの秘密をバラしてしまった。

祝日ということもあり、子どもと一緒に番組を見ていた親からは、「ナニ言ってくれてるんですかーーーー!」と奥山の突然の暴露に怒りの声が上がった。

 

加藤のフォローも振り切って大炎上

「クリスマスプレゼントを楽しみにしている子どもの前で、サンタの秘密を暴露してしまった奥山の配慮のなさに呆れた人も多いでしょうね。番組ではすぐさま司会の加藤浩次が『ああ、両親サンタね。子どもたちのところには本物のサンタさんが来るからね』とフォローを入れましたが、空気の読めない奥山はさらに『違います!』と叫んで、さらなる炎上を自ら招いていました」(芸能記者)

ネット上ではそんな奥山に対し「奥山佳恵ぇぇぇぇ!! 今日は学校も休みで小さな子どもテレビ見てるんだよ。ふざけるな!」「自分だって母親なのに気が付かないかな。加藤のフォローがなかったら最悪のクリスマスを迎えるところだったよ」「奥山って他番組でもまともなコメントできないし、空気も読めない。何で番組に呼んじゃうかな」など、非難ごうごうだ。

「奥山にとってはちょっとした“家族自慢”のつもりだったのでしょう。しかし、あまりにデリカシーのない発言に、視聴者からはかなりの苦情電話が局に寄せられたようです。もはや放送事故レベルと言ってもいいんじゃないでしょうか。奥山は次男がダウン症ということを公表していますが、過去には次男の就学について『通常の学級に行こうと思っています』と発言。特別支援学級などではなく、通常の学級へ通わせたいという考えを語り、物議を醸したこともありました」(同・記者)

今年3月には、卒園式に兄弟が出席できないことに不満を持ち、支援型幼稚園の園長に「誰のための卒園式なんですか!」とブログに怒りをつづり、周囲から“モンペ化”を指摘する声も上がっていた。

「子どもに対する思い入れが強過ぎて、本質が見えなくなってしまっている」との指摘もあるが、果たして本人は、今回のサンタ発言をどう考えているのだろうか…。

 

【画像】

sergo1972 / Shutterstock

【あわせて読みたい】