花田優一氏「絵が6万円で売れた!」もはや何を叩かれても絶好調!

(C)Zadorozhnyi Viktor / Shutterstock

大相撲・元貴乃花親方の花田光司氏と元フジテレビアナウンサー・河野景子さんの長男で、タレント活動も行っている靴職人の花田優一氏が、離婚発表後、初めてマスコミの取材に答えた。

優一氏は報道陣から離婚について聞かれ、「1回でもテレビに出たり、そういうところでお仕事をしている以上、自分から発表することに義務があると勉強したので、発表はさせていただいた」と説明。「ただ、お相手は表舞台に立つ方ではないので、詳しい内容はお伝えできない」と語っている。

また、自身の注目度については「生意気かもしれないが、少しでも取り上げてくれる方がいるのは自分としては大変ありがたい。無視されるほどつらいことはないので、今後とも精進して、ずっと皆様に追い掛けていただけるような存在でいるという目標も新たにできた」と話した。

 

今こそ靴作りに専念すべきなのでは…

優一氏は同日、フジテレビ系のワイドショー『直撃LIVE グッディ!』に生出演。靴の製作を受注したものの、納期が遅れるとの指摘があることについて、「報道の中には事実と違っている部分もある。表には出ていないが抗議した部分もある」「採寸から納品までを自分でやっていて、お客さまをお待たせすることもある。ただ、金銭トラブルはありません」と反論。一方で、「自分の中でも、技術を上げてスピードを上げなければいけないと肝に銘じてやっております」と反省の弁も述べている。

この話にネット上からは、

《胡散くさい》
《プロなら納期を守るのも仕事のうちですけどね、言われるまでもなく》
《きれい事しか言わなくて逆に違和感だらけだった。 スタジオは、好青年で好印象ともてはやしてたけど、何もかも嘘くさいし、薄っぺらい》
《金をもらっておいて、その約束した何かを守らないってのは立派なトラブルで金銭問題なんだよ》
《テレビに出てる時間あるなら、その間に靴を作ればお待たせすることもないんだけどね》

などとボロクソな意見が飛び交っている。

しかし、優一氏は21、22日に都内で絵画個展を開催し、自作の絵を6万円程度で11点ほど売却したという。どれだけたたかれようと、買う人がいる限り優一氏は勝ち組だろう。

 

【あわせて読みたい】