2018年『加工疑惑』写真で「爆笑」された女性芸能人4選!

浜崎あゆみ 

(C)まいじつ

SNSでタレントが自撮り画像を投稿するのが当たり前になった現在。中には、「これ加工じゃないの?」と疑いたくなるほど、現物とは異なる写真がある。2018年に投稿された“加工疑惑”写真たちを紹介していこう。

まずは、木下優樹菜。2月23日、自身のインスタグラムに長女とのツーショット写真を投稿。写真には、足が長くてスタイル抜群の木下が写っている。

「木下はもともと、モデルにしてはそこまで足が長くないといわれていました。そのためネット上では、『隠しきれない加工感』『ゆきな得意の加工だな』などといった声が寄せられてしまいました」(芸能記者)

続いてはダレノガレ明美。8月25日にインスタへ投稿した友人女性との3ショット写真で、自分の顔だけを小顔にしていると指摘された。

「ダレノガレは集合写真で、自分の顔だけを小顔に加工していた前科があります。そのときは、全く同じ写真を他の女性も投稿していたため、2枚の写真を比較され、ダレノガレの加工が暴かれました。この事件以降、ダレノガレは加工を頻繁に疑われるようになったのです」(同・記者)

 

加工女王・浜崎あゆみも参戦

加工といえば、浜崎あゆみも忘れてはいけない。テレビ出演時とSNSでの姿があまりも違うため、ネット上では《SNSは常時加工》と言われてしまっている。今年は中でも、10月28日に投稿した画像が衝撃的。童顔に加工し過ぎて、《原型とどめていない》《マジで誰か分からない》と呆れられていた。

最後は元『AKB48』高橋みなみ。11月10日にインスタへ自撮り写真を投稿したのだが、顎がとがり過ぎて、輪郭は逆三角形。目がギョロりと大きく、宇宙人のような仕上がりになっている。

ネット上では、《加工し過ぎ。ウケ狙いだと思いたい》《さすがにネタだよね?》と心配する声が続出した。

加工技術は年々進化する一方。SNSとテレビの顔がかけ離れるのは、もはや当たり前なのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】