大胆すぎるっ!2018年『サザエさん』の“神回”ベスト3

(C)Faces Portrait / Shutterstock

何かとネット上で話題になる国民的アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)。2018年も、ほぼ毎回ネット上で大騒ぎとなっていたが、特に盛り上がった回をランキング形式で紹介していこう!

第3位は、4月22日放送回のエピソード「姉さんは声美人」。サザエは“声が良い”ということから八百屋のご主人にスカウトされ、バイトとして働くことになった。しかしこのスカウトは、ご主人が妻とケンカし、妻に家を出ていかれたことの“補填”だと判明する。

そこでサザエは、ご主人がいない間に勝手に「土下座セール、全品半額ですよ!」と野菜を売り始めることに。するとご主人の妻が「半額だなんて、もうけが出ないじゃないか!」と、慌てて戻ってきて一件落着した。

しかし、バイトの分際で勝手に半額キャンペーンをしたサザエに対し、視聴者から《店をつぶす気か!www》《勝手に何てことしてるんだ》などとツッコミが続出。

 

スポンサーをディスるサザエさん

第2位は、6月24日放送回のエピソード「タダより高いもの」。同エピソードでは、“タダより高いものはない”がテーマで、タダで恩恵を受けたため、さまざまなトラブルに巻き込まれていくサザエさん一家が描かれた。

物語のオチも、やっぱりタダは怖いね、といったものだったのだが、このエピソード放送直後に『日産リーフ』のCMが流れ、「一泊二日試乗、無料で実施中」とPR。ミラクルでスポンサーをディスったこの流れに、ネット上では大爆笑が起こった。

第1位は、1月14日放送回のエピソード「父さんメダマ焼の友」。この回では、波平が“メダマ焼の友”という謎商品を購入し、家族にドヤ顔で自慢。これは本体に塩、しょうゆ、ソースを入れることで、レバー操作によって好みの調味料をかけられるというものだった。

どう考えてもいらない商品で、作中でも波平以外はドン引き。カツオやワカメといった子どもにも呆れられ、ネット上でも《無料でもいらねーwww》《カオス過ぎる商品だなwww》などといった反響が起こった。

平和な家庭の話だと思っていると時折、奇想天外なエピソードが登場する『サザエさん』。2019年はどんなエピソードが話題になるのだろうか。

 

【画像】

Faces Portrait / Shutterstock

【あわせて読みたい】