2018年『ちびまる子ちゃん』のホロリと“泣ける回”ベスト3

(C)7713 Photography / Shutterstock

時折“泣ける”と話題になる神回を放送するアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)。2018年の“泣ける回”トップ3を紹介していこう!

第3位は、7月8日に放送された「まる子、布団をふかふかにしたい」の巻。この回では、ふかふかの布団で寝たいという欲望に駆られたまる子が、晴れた日に目一杯自分の布団を干そうとする。

しかし梅雨のため布団を干せる日が全然ない上、家族で順番に干しているため、なかなかまる子はふかふかの布団で眠ることができない。そんな中、久々に晴れた日が来ると、まる子のお母さんは、自分の布団を干す順番にもかかわらず、まる子を優先。まる子はお母さんの優しさに感動し、ネット上でも《涙出そうになった》と反響が起こった。

第2位は、5月27日放送の「お母さん、赤いシャツを着る」の巻。この回では、電話口で若い女性と勘違いされたまる子のお母さんが、気をよくして若作りに励んでいく。若いころに購入した派手な赤いシャツを着てみると、家族たちから絶賛の声が。しかし、まる子の父・ひろしだけは「バカバカしい」と興味を示さなかった。

そこでお風呂の中で、まる子が「若々しくなりたくないの?」と聞くと、ひろしは「俺だって昔はちゃんと若かったんだぜ、母さんだって」「おじさんの次は、ちゃんと、のんきなじいさんになってやらぁ。母さんだって、ちゃ~んとばあさんだ。一緒によ」と人生観を吐露。この発言を密かに聞いていたお母さんは「一緒に…か」とつぶやき、若作りをやめるのだった。

 

まる子とお姉ちゃんの絆に感動

第1位は、5月6日放送の「お姉ちゃん、まる子のマネをしたくない」の巻。この回では、まる子のお姉ちゃんが、自分の食べているものなどをやたらと欲しがるまる子にウンザリし、「私のマネしないでちょうだい!」と言い放つ。

その後、お姉ちゃんはまる子と同じノートを買ってしまい、それがバレると必死に偶然だと弁解。だがこの必死さを見てまる子は、「そんなにまる子のマネするの嫌なんだ…」とイジけることに。

それからしばらく姉妹は険悪になるが、あるときお姉ちゃんは、昔まる子とおそろいで買ったワンピースを目にし、「あのころは、私のマネするまる子がかわいかったのになぁ」と思い出す。そして、まる子に謝ると、まる子も謝り返し、2人でおそろいの消しゴムを買うのだった。

何気なく見ていると、突然涙腺を刺激してくる『ちびまる子ちゃん』。2019年も不意の涙を誘ってくれそうだ。

 

【画像】

7713 Photography / Shutterstock

【あわせて読みたい】