「なぜ、そうなった!?」工藤静香の見た目“ヤバ過ぎ”自慢料理ベスト3!

工藤静香 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

テレビ出演こそ少なかったものの、2018年は工藤静香の活躍がスゴかった。ネット上ではほぼ毎日、工藤の話題で持ち切り。夫の木村拓哉関連、娘のKōki,(コウキ)関連の話題もあったが、中でも世間の注目を集めたのは工藤の手料理だ。

そこで、18年、工藤の手料理ベスト3を発表していこう。

第3位は、11月12日に投稿した「ベーコンポテト」。一般的なものとは違い、じゃがいもをかなり細くスライスしていたため、《もやしですか?》《ゆでたてのもやしに見えた》《シュレッダーの中身かと思った》などといったツッコミが続出することに。

一方で工藤本人は、「おつまみやおやつにもなります! 味付けはベーコンの塩の加減を見ながら塩とコショウのみ! 水にさらすのでベタつかないポテトができます! 炒めて透明になったら出来上がり 油はベーコンの油のみで!」と自信満々にレシピを紹介していた。

 

「素材殺し」の工藤!

第2位は、10月30日に投稿した「リンゴゼリー」。リンゴをミキサーに入れて細かく砕いたものを、ゼラチンなどと混ぜてほどよく固まらせ、カットイチゴを上に添えた一品だ。

View this post on Instagram

林檎と苺のビタミンと酵素を生かしたいので煮たりしません。 生の果物を使うのでゼラチンを入れてもしっかりは固まらない柔らかいゼリーが出来上がります。 林檎と苺をレモンとエルダーフラワーシロップでやんわりと頂きます。本当に美味しいです。いくら食べても罪悪感無し! レシピですか?🤣 量は計らないから自分のいい感じ!を見つけて下さいね 林檎とレモン汁少々をミキサーに中途半端にかけます。ミキサーが無ければ地道にカット! それをコップや容器に入れます。 ゼラチン一袋に対し200ccのシロップとお水、レモン汁少し。好みで!少し甘いくらいがちょうどいいです。 コップに入れてあった林檎に注ぎいれ軽く混ぜ、苺のカットを乗せて冷蔵庫へ! あ!林檎は栄養がたっぷりの皮を剥かずに!

A post shared by Kudo_shizuka (@kudo_shizuka) on

こちらの料理に関しても、工藤は自信満々でレシピを紹介し、「本当においしいです。いくら食べても罪悪感なし!」と太鼓判を押している。

しかしネット上では、《頑張って作ってるのは伝わるけど見た目がね》《まるで吐しゃ物のような仕上がり…》《素材殺し》と散々な言われようだった。

第1位は、10月18日に投稿した「フルーツゼリー」。ゼリーの上に、マスカット、リンゴ、みかん、ブルーベリーなどを乗せただけのようだが、ゼリーが“黒色”だったためツッコミ続出。

《色合いが食欲を減退させる》《魔女のお菓子?》《毒々しい》《呪いがかかってそう笑》などといった声が上がってしまった。

毎度面白い料理でネットを盛り上げてくれる工藤。2019年も目が離せない。

 

【あわせて読みたい】