大みそか『SASUKE』生放送でファンが「確実視」する“放送事故”とは…

(C)RoidRanger / Shutterstock

TBSで大みそか夜6時から、『SASUKE2018』が番組史上初の生中継で放送される。注目の声が相次いでいるが、『SASUKE』ファンからは「放送事故になるぞ…」と心配の声が続出しているという。

「ネット上でまず話題になっているのは、女性出演者のセクシーな放送事故。池に転落するステージもあるので、生放送でオンエアすると、確かにとんでもないことになりそうですね。しかし、残念ながら今回の生中継は、『ファイナルステージ』だけ。ここまで女性が残ることはかなり厳しく、また、池に落ちるようなステージでもないので、セクシー事故は望めないでしょう」(テレビ誌記者)

ネット上では「どうせなら1stから生中継しろよ」「女版の『KUNOICHI』中継なら見たんだけどな」「ファイナルだけとか微妙過ぎ」と落胆の声が上がっている。

では一体、何が放送事故になるのだろうか。

 

放送禁止用語連呼しながらSASUKEに挑戦!?

「『SASUKE』常連者の中に、1人だけかなり厄介な男がいるのです。それは、パルクール指導員の佐藤惇さん、通称“パルクール佐藤”。彼は『SASUKE』常連で、今回もゼッケンナンバー96番と“超本命”枠で出演するのですが、今まであまりにも不自然に、『SASUKE』から冷遇を受けてきた過去があるのです」(同・記者)

パルクール佐藤は1stステージを最速でクリアしたり、3rdステージまで進むなど、番組としては撮れ高十分な逸材なのだが、なぜか放送が“ダイジェスト”ばかりなのだ。

「あまりにもダイジェストばかりなるので、ネット上では『放送禁止用語連呼しながらSASUKEやってる説』『最初は冗談かと思ったけど、マジで放送禁止用語しゃべってるとしか思えないほど、毎回カットされるなwww』ともっぱらのウワサです。中には『パルクール佐藤は完全制覇してもダイジェスト放送されそう』という声も上がるほど。そのため、彼が生放送で出演する可能性があることに、一部の『SASUKE』ファンが動揺しているのです」(同・記者)

パルクール佐藤ほどの実力者ならば、ファイナルステージに進む可能性は十分。歴史的な放送になるかもしれない。

 

【あわせて読みたい】