『キスマイ』新春ゴールデン特番放送は“みそぎ終了”の証明!?

“キスマイ”こと『Kis-My-Ft2』の冠番組『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)が、ゴールデンタイムの新春特番として1月3日に放送される。

ジャニーズらしからぬ“ブサイク”をテーマとした斬新なアイデアが人気の同番組だが、ゴールデンタイムの放送はこれが初めて。放送時間も過去最長の2時間半を誇り、まさに新春特番にふさわしい豪華さとなっている。

「『キスブサ』が人気番組となった要因は、何と言っても『BUSAIKUランキング』のコーナー。さまざまなシチュエーションに対してメンバーが“カッコイイと思う”振る舞いを披露するのですが、胸がキュンとするようなものから突拍子もないギャグ同然のものまで入り交じり、ファン以外からも『バラエティーとして普通に面白い』と大好評でした」(テレビ雑誌編集者)

 

『SMAP』の弟分であることから連帯責任に?

しかし、番組は昨年10月にリニューアルした際、深夜枠のローカル放送へと規模が縮小。看板コーナーだった『BUSAIKUランキング』もほとんど放送しなくなり、代わりにメインとなった『クッキングレース』や『恋愛未解決事件』も、「メンバーが料理してるだけ」「一般人の過去の恋愛なんて誰も興味ない」と凄まじいまでの不評を買うようになってしまった。

そして、昨年のリニューアルと今回の“過去最大規模”の特番化には、事務所内の事情が絡んでいるようで…。

「キスマイのマネジメントは『SMAP』のマネジャーだったI氏が担当していたため、I氏の追放後は “連帯責任”としてキスマイも“プチ干され状態”に陥りました。コンサートは5万人規模のドームツアーから1万人規模のアリーナツアーに格下げされましたし、『キスブサ』の降格もその一環です。しかし、2018年のツアーは再びドームで行われるようになり、『キスブサ』もゴールデン新春特番という高待遇をゲット。どうやら、“プチ干され状態”から1年余りが過ぎ、“みそぎは済んだ”と許しをもらったみたいですね」(ジャニーズライター)

事前告知によると、新春SPの大半は「未解決事件」の企画に割くよう。以前のような扱いに戻れたとなれば、例え不評企画でもファンはうれしいことだろう。

 

【あわせて読みたい】