ディーン・フジオカ『VS嵐』のゲームで“蚊帳の外”に悲しみの声

ディーン・フジオカ 

(C)まいじつ

1月3日、『VS嵐2019 賀正新春豪華3時間SP』(フジテレビ系)の中で、人気コーナー『BABA嵐』が放送され、豪華ゲストたちがババ抜き対決を行なった。

ところが、せっかく出演したディーン・フジオカが“蚊帳の外”だったと、一部視聴者は不満を感じたようだ。

番組はババ抜きの“最弱王”を決定するため、負けた者が次の試合へ進んでいく“負け抜け”方式でのゲーム開催。ディーンは予選第3試合に登場し、『嵐』の大野智、相葉雅紀、タレントの滝沢カレンを相手に心理戦を繰り広げた。

カードのシャッフルと配布を相葉が担当した結果、滝沢が最初にジョーカーを手にすることに。しかし、相葉と大野はディーンがジョーカーを持っていると読み、ディーンをかなり警戒しながらカードを引き合っていく。

 

“最弱王”決定戦なのに、強過ぎ…

対するディーンもポーカーフェイスな表情でプレーヤーを惑わせ、ジョーカーは滝沢の手元から動かない膠着状態に。するとゲーム後半、手札を強制交換できるシャッフルが発動され、ようやくジョーカーが大野の手に移っていった。

シャッフルの発動で手札を1枚としたディーンは、続く大野との読み合いも制して見事1位抜け。結局、一度もジョーカーを手にしない完全勝利でゲームを制してしまった。

その後、ジョーカーは残された3人の手を回り、終盤には6ターン連続で持ち主が変わる場面も。最終的に勝負は長期戦となり、相葉の敗退が決まるころにはディーンの印象もだいぶ薄れてしまった。

視聴者からは、

《ジョーカー回るところにディーンさんも入ってほしかったな》
《ディーンがジョーカー引くとこ見たかった》
《1人だけゲーム性もなく淡々と上がった(笑)》
《ディーンさんのところにジョーカーきたらどうなるか見たかったなぁ》
《勝ったのはうれしいけどゲームに参加してた感じがしない…》
《強いけどオイシイ見せ場はなかったね》

など、さらなる心理戦が見たかったと残念がる声が続出。“最弱王”決定戦だけあって、強過ぎたことがかえって仇となったようだ。

 

【あわせて読みたい】