手越祐也『イッテQ!』降板がついに現実味!? 占い師の予想は…

手越祐也 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

1月6日に『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)が放送された。新年最初の放送ではレギュラー陣の今年の運勢がランキング形式で紹介されたが、『NEWS』の手越祐也の順位や占い師、周囲からの評価を見聞きした視聴者からは「降板してもおかしくない」という指摘が相次いでいる。

この日の放送は「カレンダープロジェクト」と題し、カレンダー用に世界の絶景を写真に収める企画。イモトアヤコは南米のロライマ山を訪れる前に米ヒューストンを訪れ、著名な占い師にレギュラー21人の運勢を占ってもらった。

占う対象の顔写真を見ながら運勢を当てることができるという占い師は、タブレットで各出演者の顔を見ながら判定。1位にはイモトが選ばれた一方で19位に大島美幸、20位は出川哲朗、21位にはオカリナが選ばれた。

 

いつも1位か2位だった手越祐也の運勢が18位に急降下…

ランキングを見ると、下から4番目の18位に手越の名前が。占い師からは「楽しさにあふれる年だが、人間としての成長、仕事のキャリアアップは一切ない」と評された。手越は「仕事のキャリアアップはないけど楽しいわけですよね。オッケー!」とおどけ、周囲を笑わせた。

しかし手越と言えば一部週刊誌が、2019年に入り改めて未成年との飲酒疑惑を報じたばかり。手越はポジティブな姿勢を見せたが、視聴者は占いの結果に反応した。

《不祥事起こしたんだから、事務所やイッテQのスポンサー、制作側がアウトだと判断した時点で終わりなんだよな》
《手越の占いがいきなり的中してる感じで笑える》
《イッテQに出てる手越は好きだが番組も好き。さすがに問題児すぎるからそろそろ降板してほしい》

さらにジャニーズファンからも、

《いつも一位か二位だったはず。ますます不安になってきた》
《手越がイッテQ降りるなんてことにはならないよね?》

などと、占いの結果を受けて疑心暗鬼になったようだった。

新年早々スキャンダルに見舞われた手越。今年もネタには事欠かなそうだ。

 

【あわせて読みたい】