23歳で高校生!?『3年A組』川栄李奈の制服姿が「キツイ」と話題に

川栄李奈

(C)まいじつ

1月7日にドラマ『3年A組』(日本テレビ系)がスタート。菅田将暉演じる高校教師が教室で生徒29人を人質に取り、1人を殺す展開に視聴者は戦慄を覚えた一方、高校生徒役を演じた川栄李奈には「高校生を演じるには限界」との声も上がった。

ドラマの舞台は卒業式まであと10日に迫った高校。菅田演じる美術教師・柊は朝、生徒を教室に集め「今からみなさんには人質になってもらいます」と言い放ち、他の教室を爆破して自クラスの生徒を教室に閉じ込めた。

柊は過去、景山(上白石萌歌)が自殺した理由を生徒に答えさせ、不正解の場合は生徒1人を殺すと脅した。1日目の夜に代表して出した茅野(永野芽郁)の回答は「不正解」。柊は公約通りに生徒1人を殺し、不正解を続ければ1人ずつ追加で殺していくと再び脅迫。高校卒業までの10日間で生徒同士で話し合い、答えを導き出すよう求めた。

 

川栄李奈の演技には絶賛の声も…

川栄演じる宇佐美はクラスの中でも中心的な役割を演じ、第1話では柊や学級委員の景山に罵声を浴びせながら立て付く場面が見られた。

ドラマはNHKの連続テレビ小説『半分、青い。』で主演した永野や川栄、上白石、今田美桜ら若手の豪華キャストが並んだ。視聴者は一様にドラマを「怖い」と評しつつも一定程度は評価し、特に川栄の「怪演」は絶賛された。ツイッターでは

《川栄李奈の役幅が広くて知らないうちにひきこまれる》
《川栄と今田が怖すぎる。あれはビビる》

などの声が聞かれた。

一方で、

《制服姿は似合っているが、年齢的に高校生は厳しい》
《川栄李奈、さすがに女子高生役は無理ないか》
《川栄李奈さんだまってればまだまだ女子高生に見えるけど、演技が達者すぎて10代に見えないな》
《川栄以外に情感のある芝居を出来る若手がいないと、過激ぶっただけの学園もので終わりそう》

との声もあった。

確かに川栄は23歳と高校生を演じるには年齢的に厳しいが、このドラマは川栄李奈なしには成立しがたいようだ。

 

【あわせて読みたい】