激震!巨人「大好き」長野久義が『人的補償』で広島カープへ

(C)Andrey Yurlov / Shutterstock

FAで巨人に移籍した丸佳浩外野手の人的補償として、広島が長野久義外野手を選択したことが1月7日、東スポの取材で分かり、野球ファンの間に激震が走った。

巨人はすでにFAにより入団した炭谷銀仁朗捕手の人的補償として、生え抜きの内海哲也投手が西武に移籍したばかり。相次ぐスター選手の流出に、巨人ファンの間ではフロントに対する不信感が広がりつつある。

「長野は日ハムとロッテのドラフト指名を2回断った末、2009年に1位指名で巨人に入団しました。巨人に対する思い入れが強かっただけに、今回の移籍通達は本人もショックだったんじゃないでしょうか。ルーキーイヤーの2010年に新人王を獲得、11年には首位打者に輝くなど、その実力は折り紙付き。34歳という年齢ながら、広島にしてみれば、野間や西川、下水流などの若手が確実に実力を付けるまでの“つなぎ”として十分な選手でしょうね」(スポーツ紙記者)

野球選手としては高齢なこともあり、丸ほどの活躍を期待するのは難しいだろうが、広島が若手ではなく、生え抜きベテランで年俸も丸とほとんど変わらない長野を“あえて”選んだのには理由があるという。

「1つは新井貴浩が抜けた穴埋めとしてのベテランの存在です。長野は昨年、故障で離脱した時期もあり規定打席こそ達成できませんでしたが、打率.290、HR13、打点52を記録しており、まだまだ十分活躍できます。守備にも定評がありますから、守備固めや代打でも使いやすい。丸が抜けた後の、若手の実力不足分を補うには十分でしょう。もう1つは、巨人の外野手編成に対する影響です。巨人は外野の選手層が薄く、丸を獲得したとはいえ、陽岱鋼や亀井、立岡ではフルシーズンの活躍は見込めません。長野を失ったことは計算外だったでしょう。また、必然的にゲレーロを起用するとなると、4人ある外国人枠のうち、余計に野手に1人割かなければならず、その分、投手力が薄くなります。広島は巧妙な罠を仕込んだとも言えます」(同・記者)

 

広島の優秀フロントに脱帽

また、すでにFA権を取得した長野が広島に入団後、仮に権利を行使したとしても、広島にとっては新たに人的補償や金銭保証が発生し、次は期待の若手選手を選ぶという選択もできる。

関係者の間では「広島ならではの緻密な計算高さ」と今回のFAに対する広島フロントの手腕が評価されているが、一方、巨人選手の間では、ベテラン生え抜きの長野や内海があっけなく切り捨てられたことで、選手の間に動揺が走っているという。

長野は球団を通じて次のように述べている。

「3連覇している強い広島カープに選んでいただけたことは選手冥利に尽きます。自分のことを必要としていただけることは光栄なことで、少しでもチームの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります。巨人では最高のチームメイトに恵まれ、球団スタッフ、フロントのみなさんの支えのおかげでここまで頑張ることができました」

「また、9年間応援してくださったジャイアンツファンの皆様のおかげで苦しいことも乗り越えることができました。ありがとうございました。ジャイアンツと対戦することを楽しみにしています」

清々しい挨拶だが、同僚の選手のみならず、ファンにとっては何ともモヤモヤが残るFA劇だったと言えそうだ。

 

【あわせて読みたい】