NGT48・山口真帆『激ヤセ』からさらに“4kg減”の裏にある問題

(C)VGstockstudio / Shutterstock

先ごろ、本サイトでも“激ヤセぶり”を伝えた『NGT48』の山口真帆が、自らの手でその真相を語った。

山口は12月22日に『AKB48』の握手会に出席したが、体調不良を理由に1部が終わった段階で休養へ。その後、4部から握手会を再開させたものの、間の2部と3部は中止となってしまった。

翌23日も、山口は運営側に体調不良を訴え、6部まで予定されていた握手会は3部で中止されることに。また、同日夜に投稿した謝罪ツイートの画像は、かなりげっそりとした印象だったため、「痩せ過ぎだろ…」「拒食症とかじゃないよね」と体調を心配するファンが多く見られていた。

しかし、ファンの心配もむなしく、山口の体調は年明け後も回復する様子を見せず。1月6日の握手会も3部以降は不参加となることが発表され、本人も、

《楽しみにしてくれてた握手会。できなくてごめんなさい》

と謝罪ツイートを投稿した。

 

拒食症は否定も精神は病んでいる!?

さらに、同ツイートでは“激ヤセ”の真相にも言及し、

《心配かけてごめんなさい。体調は大丈夫です。2週間で4kg痩せたけどストレスです。拒食症じゃないです。こんなことあったら誰でも痩せるので大丈夫です》

と告白。ファンの間で囁かれる“拒食症説”を完全否定した一方で、

《私もこんなことになって、笑って普通にアイドルができなくなったことが本当に悔しいです》

との文面もあり、まるで精神が病んでしまったことをニオわせている。

また、2週間前といえば、ちょうど握手会欠席が続いて“激ヤセ”が話題になったころ。そこからさらに4kg痩せたとの告白に、ファンは、

《まほほんは何も悪くないよ…だから謝らなくていいんだよ》
《文章も変だし完全に病んでる》
《連日欠席のときでさえ心配だったのに、そっから4kgも落ちたんか…》
《運営はメンバーのケアもしっかりしろよ!》
《ゆっくり、あせらず、待ってるね。 俺が魔法使えたらなぁ…》

などと神経を尖らせている。

心身ともに不安定な状況が伝わってくる山口だが、その裏には、何か重要な問題が隠されているのかもしれない。

 

【画像】

VGstockstudio / Shutterstock

【あわせて読みたい】