指原莉乃「同い年の白石麻衣には負けられない」驚きの“セクシー対抗策”!?

『HKT48』の指原莉乃の1月1日付ツイッターが、ネットで話題になっている。「一体、誰!?」という声が続出しているからだ。

指原は着物を着た写真を掲載。どこか高い場所から撮ったのだろうか。バックに大きなビルが写り、はるか下に道路が見える。

「Vサインを出し、両方の人差し指を頬に突き立てるように完全な記念ショットという感じなんですね。でも写真はきれいには写っているのですが、『指原って、こんな顔だっけ!?』と、妙な違和感があるんです」(AKBライター)

つまり、どうも指原の“元顔”と違い過ぎるというのだ。もちろんメークの威力もあるだろう。しかし、この写真の評判はネットでアッという間に拡散。「写真修正じゃないか」の声が続出。特に「『乃木坂46』白石麻衣に似ている」「絶対、白石を意識している」という見方が圧倒的だ。

「修正かどうかはともかく、白石に似せた気もします。あくまで主観ですが……。ただ、今の白石の人気はすごい。選抜総選挙には出ないので比較できませんが、推測人気ならば五分五分。いい勝負でしょう」(同・ライター)

 

写真集爆売れの白石に対抗するには

何しろ白石には金看板がある。一昨年2月に出した写真集が激売れ。昨年12月の時点で、累計刷り部数33万部に達したことが大きな話題になった。

「撮影は米国で4日間。最近の一部芸能サイトの試算ではギャラ7000万円を得たとされます。別にヌードでもないのに、ただの洋服写真集でこれほど売れるのは驚異。指原が意識しないはずはない。指原はAKBグループのトップ。白石はAKBの後追いで設立された乃木坂のメンバー。負けるわけにはいかないんです」(同)

2人は同い年だ。しかし、指原はすでに卒業を発表。今年5月、マリンメッセ福岡で『指原莉乃大感謝祭』を最後に卒業する。

「指原も白石に負けじと『ラスト写真集』を出すことは必至。ただ出すだけではありません。部数で勝つことが前提。そのためにはギリギリセクシーで対抗してくるはず。仮に思い切ってヌードにでもなれば、白石をはるかに超える部数40万部、ギャラ1億円という数字も出てくる。今回のツイッター写真の“白石似”も宣戦布告の表れだとみられます。今、出版各社は争奪戦に必死です」(写真集編集者)

指原の“サプライズ”を期待したい。