『NEWS』手越祐也の脱退が濃厚に!「WとSに俺はいない」に隠された意味

手越祐也 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

『週刊文春』で未成年への飲酒強要が複数回にわたり告発されながらも、いまだにスポットライトを浴びている『NEWS』の手越祐也。

不祥事のたびに謹慎や脱退が何度もウワサされてきたが、ついに“脱退”が現実味を帯びてきた。

「NEWS」はこの年末年始に『EPCOTIA -ENCORE-』と題したコンサートを開催。また、同コンサートの前年には『NEVERLAND』というツアーを行っていることから、ファンの間で「“N”“E”“W”“S”のそれぞれの頭文字を取って、次のツアーは『W』から始まるのでは?」ともっぱらのウワサだった。

すると、コンサート終了翌日の1月8日深夜、メンバーの小山慶一郎と増田貴久は、自身のラジオ番組で「こっからわれわれは『W』に向かってアルバム作成していくわけですけど」「『ワールディスタ』ですね!」と発言。公式発表の前にラジオで“フライング”発表してしまう、いわば放送事故が起こってしまった。

 

ゲームチャットの仲間につい本音?

ところが、この朗報に対して、手越が“否定的な見解”を示したというのだ。

「ゲーム好きで知られる手越は『荒野行動』というネットゲームにハマっており、ファンの間では手越とみられるユーザーアカウントも特定されているんですよ。さらに、同ユーザーはツイッターアカウントで、『本物の手越か?って質問も多いので答えますが本物です!』とツイート。当初は成り済ましかと思われましたが、アップロードしている実況動画の声が手越そっくりで、疑惑のアカウントは本人であることが濃厚になりました」(ジャニーズライター)

手越とみられるユーザーは1月4日にもゲームをプレーしており、ユーザー間でのチャット文章もネット上に出回っている。

「手越はチャット内で『自分はハメられた』『どんなにファンを大切にしてもつぶされる』と不満を漏らし、『(7日の)東京ドームが最後だと思って全力でやる』『WとSに俺はいないかも』とグループ脱退を示唆したのです」(同・ライター)

流出したチャットの文章を見ると、かなり不満を溜めているようだったこのやり取り。懲りずに飲酒強要を連発していることから“身から出たサビ”にも思えるが、果たして本当に脱退してしまうのだろうか。

 

【あわせて読みたい】