焦る中居正広…『新しい地図』仕事順調で「俺も入れてもらえねぇかな」

中居正広 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

またぞろ、ジャニーズ事務所の中居正弘が、稲垣吾郎ら『新しい地図』に合流するのではないかという話が出ている。

しかし、これらは大方がファンの願望であって、実現性はないに等しい。

「年末年始、ジャニーズの歌番組などで『SMAP』の曲がグループ名入りで使われました。中居が自身のMC番組で、やはり『SMAP』に触れたなどもあり、一部ファンが騒いでいるのです。木村拓哉は事務所を辞めないが、中居は稲垣らと今年から合流するというのです」(ジャニーズライター)

残念ながら、これは一部の熱狂的な『SMAP』ファンの妄想にすぎないようだ。

「当初、中居が事務所を辞めないのは稲垣らの壁として残り、彼らを守るという“美談”で伝わった。でも現実には、稲垣ら3人はほとんどテレビを干され、自力獲得のCMでしか見ることができない。結局、中居は自己保身のために事務所に残っただけで、3人のためなどではないんですよ」(同・ライター)

独立を翻意した木村を除き、一昨年6月の契約更新の席に中居は欠席。稲垣、草彅剛、香取慎吾で独立を決めた。中居は3人のために1年遅れで独立するとの評判だったが、昨年も契約の席をスルー。自動更新となった。

 

順風満帆の「新しい地図」に焦る中居

「稲垣らはCMにはガンガン出ているし、ネットを舞台に活躍の場を広げている。特に草彅に関してはNHKとのつながりが強固で 昨年はドラマにも出演。今年3月にはバラエティーに出ることも決まっており、どんどん活動の場を広げている。今、中居は妙に焦りまくりです」(女性誌記者)

お正月の三が日でのCM出番は、広瀬すずが394本で第1位。そんな中、香取は152本で第5位に入っている。

「稲垣は今後、関西系のドラマに出るという話もあり、3人とも上り調子。一方、中居は“天敵”の滝沢秀明がタレント部門の総帥になり、“中居追放”を画策中。さすがに中居は逃げの手段を練っています」(同・記者)

中居は、今“就活”の真っ最中。内心では芸能界の最強事務所A社入りを狙っているが、肝心のA社が中居の“裏切り”の人間性を信用していないという。

「A社がダメなときのために、中居は稲垣らの事務所社長I氏に詫びは入れています。また年少の香取を通して稲垣にも会っています。でも草彅はガンとして会う気がない。そればかりか3人は『中居くんは、ただの裏切り者』『合流なんて絶対ない』と周囲に語っています。中居は、滝沢にひれ伏すか、A社に何とか潜り込むしかないでしょう」(同)

契約の席にすら来なかった中居を、稲垣らが許すはずはない。

 

【あわせて読みたい】