悪いのは脚本?『トレース』錦戸亮より船越英一郎が目立ってブーイング

錦戸亮 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

1月14日にドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)の第2話が放送された。第1話から主演・錦戸亮を食う勢いで大声を張り上げる演技を続ける船越栄一郎に不満の声が上がっていたが、この日の放送でも視聴者の不満の声はやむことがなかった。

刑事役として不自然なほどに大声を上げ、周囲に暴力を振るう船越の姿に「悪いのは脚本、演出では」との指摘も続出。殺人や傷などの描写をめぐって「演出がひどい」と叩く声が噴出している。

第2話では、病院医師が転落死した経緯を科捜研の研究員・真野(錦戸)、沢口(新木優子)が探る展開に。2人に調査を依頼した虎丸(船越)は宮永(篠原篤)を逮捕するが、DNA検査の結果、容疑者が医師の転落死には直接関係ないと判明し釈放となった。「誤認逮捕」と騒がれたが、最後は真野らの活躍で宮永を再び「容疑者」として断定。医師の娘を殺そうとした宮永を再び逮捕することに成功した。

 

船越批判が一転、怒りの矛先は演出批判に

第1話では冒頭で死者の切断された手首が出てくる衝撃的な展開だったが、この日もグロテスクなほどリアルな描写があった。第2話冒頭で医師の娘が血痕を追ってベランダ周辺を探すと、医師が血を流して倒れている姿が映し出された。また終盤では、女子高生が工事現場で事故に巻き込まれ、運び込まれた病院内で血まみれで意識を失っている姿が流された。

船越の「体当たり演技」も第1話と変わらず。被疑者の首根っこをつかみ自白を促す姿や、後輩刑事の頭を叩き捜査に全力で当たるようハッパをかける場面も見られた。

これに対して、視聴者からは

《やはり虎丸をなかなか受け入れられない。暴力的なシーンでの大声が怖い》
《これある人にとってはトラウマ呼んじゃうね》

と船越の演技に否定的な声が飛んだ。

同時に

《悪いのは脚本や演出家。演者は全く悪くないが怖い》
《異物感しかないからこれ以上見るのしんどい》
《演出家の指示なのかもしれんが、今の時代にそぐわないパワハラ感満載》

と演出を批判する声が多かった。

いずれにせよ、主演の錦戸の存在感が薄れがちな展開。ジャニーズ事務所としては立て直しを図ってほしいだろう。

【画像】

【あわせて読みたい】