TBS宇垣美里アナ「加藤綾子と同額要求」で芸能プロ入りピンチか

宇垣美里 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

フリー転出前のTBS宇垣美里アナに、早くも“黄色信号”が灯っている。「このままでは所属事務所がない本当のフリーになるのではないか」という見方も出ているというのだ。

「TBSに最も近いスポーツ紙が、芸能プロO社と“合意”したと書いています。合意というのは意思の合致だけで、契約成立ではありません。なぜ合意なのか、どうして所属決定とか内定としなかったのか。まだ正式契約ができていないとみられます」(女子アナライター)

宇垣アナがフリーになるに当たって、彼女を拾う事務所はほとんどなかったといわれる。

「フリーアナが多く所属するC社やS社は最初から彼女に興味を示さず、声すら掛けなかったといいます。また同じTBS出身の田中みな実を訪ねたものの、『ウチ、無理じゃない』と冷たく突き放されたそうです。みな実は大手芸能プロ系列T社に所属していますが、T社も全く相手にしなかったようです」(同・ライター)

宇垣アナは大学時代『ミスキャンパス同志社』に選ばれているほどで、ビジュアルには問題はないように思えるのだが…。

「女子アナ通は顔を見れば分かります。宇垣アナの顔に“ワガママ”の文字が見えるんです。実際、自分が自分がという自意識過剰で、常に仕事の不満を漏らしていた。アナウンス室でも浮いていました」(TBS関係者)

 

契約金に納得していない?

スンナリとO社入りとならない背景については、こんな話も囁かれている。

「宇垣アナは“カトパン”ことを加藤綾子と自分は近いという自負がある。カトパンは音楽系S社所属ですが、契約金で最低5000万円、1億円をもらったという説もあります。だから自分も数千万円もらえると思ったら、100万円程度の提示だったとか。先輩・みな実も2000万円以上もらった。だから、まだ納得していないらしいのです」(前出の女子アナライター)

拾い手がなく、O社に声を掛けられただけでも、本人も満足すべきところだろう。

「宇垣アナは自分に対する評価基準が甘過ぎるんです。特別人気アナでもなく、トラブルなどで話題になっただけ。それを人気アナとして錯覚したフシがある。このままいくとO社とも破談になりかねません」(前出のTBS関係者)

宇垣アナには「何でもやります!」の意気込みで頑張ってほしいのだが…。

 

【あわせて読みたい】