花田優一“ウソ”がまた判明! 元貴乃花親方と『対立説』否定も…

(C)Dean Drobot / Shutterstock

大相撲の元貴乃花親方と元フジテレビアナウンサーのタレント、河野景子の長男で靴職人の花田優一氏が、1月9日にフジテレビ系『バイキング』に生出演し、自身を巡るさまざまな報道などについて語った。

花田氏は靴の販売で複数のトラブルを抱えていることについて、「お相手がいることなんで詳しく言えないことの方が多いんですが、事実に反する部分は抗議文を出させていただいたものもある」と答え、有無については明確にしなかった。

また、「納期を守らない」と言われていることについては、「今は納期も確実に決めて、注文も少なくして、自分のスタイルに合った注文の取り方に改善していこうと思っている」と、こちらも曖昧な答えに終わった。

そして父との確執については、「ごく一般的な親子関係と変わらない。なぜボクと父を対立させたいのか疑問」とウワサを否定。年末年始も連絡を取り合ったといい、対立をあおる週刊誌を「全く気にしてない」と一蹴した。

この花田氏の反論に対してネット上では、

《ただ構ってほしいだけの子供だよね》
《父親の背中を見て職人の道を選んだという話に最初はとても感動しただけに、今の姿を見ると感動返せと思う》
《納期トラブル説明もお詫びすることなく言葉巧みに持論並べ、タレント気取りに余念がない。不愉快》

などといった意見が並んだ。

 

親子共々批判の的に

一方、このテレビ放送後である1月11日に発売された『FRIDAY』には、元貴乃花親方への直撃取材の様子が掲載されている。花田氏について聞かれた貴乃花親方は、「息子も人生経験を積まなければいけない時期」と答え、数々のトラブルについては『私はずっと部屋のことにかかりきりだったんで、息子とは話していないんです』とコメント。そして、花田氏からは“新年の挨拶”すらなかったことを明かしている。

これには、

《花田優一氏のコメントはウソが確定したか…》

といった声が上がるとともに、

《世の中のことをもっと知った方が良いのは、お互いさまだと思う》
《横綱としては立派だった。しかし、親、親方として、しっかりと弟子や子供を教育できる器ではなかった。すべて結果に出ているね》

などといった貴乃花親方を責める声も寄せられている。

親子で足の引っ張り合いをする形になった花田氏と貴乃花親方。このドロ沼劇からは、いつ抜け出せるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】