ディズニー映画をもひざまずかせた韓国『反日思想』の狂気

韓国の文在寅政権が、来る3月29日に全米公開されるディズニー映画『ダンボ』(ティム・バートン監督)にまで「旭日旗だ!」とイチャモンをつけたという。

映画上映に先駆けて作ったティーザー・ポスターに対して、中に描かれたテントの図柄が「旭日旗を連想させる太陽光線のようだ。旭日旗は日本軍国主義の象徴だ」と、韓国政府直属の「反旭日旗撲滅運動活動家」徐敬徳・誠信女子大客員教授が、ディズニー社に撤回を求める「公開状」をフェイスブックに投稿したのだ。

これに折れたディズニー社は、別の図柄のポスターをネット上で公開したが、サーカスのテントの図柄は米国では戦前からあると“あきれ顔”だ。

実はこの「ダンボ」いじめには前段があった。昨年末、ロス公立学校の体育館の壁画に対し、市内の一地区に住むコリアン団体が「日本帝国主義のシンボルである旭日旗だ」「旭日旗はアジア全土を侵略し、アジア人民を弾圧し隷従させた人類に対する犯罪を象徴したものだ」と大騒ぎしたのだ。

大規模なデモにまで発展したことから、日韓の事情に疎く人口比率の高いコリアンに恐れをなしたヒスパニック系のロサンゼルス統一学区長は「土下座謝罪」までして撤回しようとした。

ところが「教育・言論の自由」「自由人権」では他の追従を許さぬ、かのヘレン・ケラーさんらが創設した全米で最も影響力のあるNGO団体『アメリカ市民自由連合』(ACLU)と、全米の学校長らが名を連ねている『アメリカ学校教育責任者協会』(AASA)が激怒し、この一件は落着した。

 

見境なく抗議をするが強い意見にはすぐ折れる

しょせん根拠のないゆすりのようなものだから、2強の参戦で収束したが、今回のダンボ騒動もこの延長線上にあったことは間違いない。

「ロス統一学区長への公開質問状には、今、日韓間で問題になっている慰安婦問題や徴用工問題にも触れているようなので、韓国政府関係者の差し金であることがプンプン臭いますね。かつては米国の某名門大学内のステンドグラスに描かれた朝日に対して、やはり『旭日旗』だとして韓国系学生が抗議しましたが、『これは戦前どころか、はるか昔に描かれたものだ』と一蹴されています」

「アリゾナ州の州旗(1917年制定)も中央に星があり、上部に赤と黄色の13本の光を放っている旭日旗ですから、歴史年代など度外視し、とにかくナチス・ドイツのハーゲンクロイツと同一視させようとする在米コリアンが、次の標的にするんじゃないでしょうか」(在米日本人ジャーナリスト)

2013年にも、旭日旗デザイン仕様の携帯ケースを販売したイタリア企業に、韓国人がメールで抗議したところ「痛烈な皮肉」を浴びせられ、スゴスゴと退散するという一件があった。抗議を受けた担当者は、こう突っぱねたという。

「旭日旗を掲げた日本の帝国海軍から真珠湾攻撃を受けたハワイに、私の親戚がいますが、それだからといって、私が日本の旗を嫌うべきなんですか? 私の立場は、韓国の人たちと同じだと思いますが、何の怒りもありません」

現状、世界中の至る所に“旭日”は描かれている。戦争や侵略とは何の関係もないからだ。

ロジックなく感情だけで突っ走る一部の韓国人の反日行動で、両国の関係は泥沼化しそうだ。

 

【あわせて読みたい】