番組続々「打ち切り」は中居正広の“ジャニーズ退所”準備の開始…

中居正広 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

元『SMAP』中居正広のレギュラー番組が複数打ち切りなると、1月16日付の『デイリー新潮』が報じて話題になっている。

記事によると、テレビ朝日の『中居正広の身になる図書館』と日本テレビの『ナカイの窓』がその対象。打ち切りになる理由は「視聴率の低迷」だというが、似たような数字でも存続している番組は珍しくないため、さまざまな憶測を呼んでいるようだ。

記事の結びには「人気のある中居さんのレギュラー番組が2本も同時に終わるというのは、われわれの常識をはるかに超えています。一体、何があったのか」とある。この記事について『Yahoo!ニュース』のコメント欄では、

《身になる図書館はつまらないから仕方がないと思う。ナカイの窓は面白いから続けてほしいけど》
《中居君の番組打ち切りにして後輩グループの番組が始まったりするのかな。中居の窓が終わるのショック。続けてほしかったな。》
《深夜、唯一楽しみに見ていた。何があったのだろう》

などと、残念がる声が多く上がった。

 

ジャニーズ退所をいぶかしむ声

一方、匿名掲示板では、

《中居くんも退所とか?》
《辞めそうな気がする》
《中居くんだけCMや広告的な仕事一本もないし、本気で退所あるかもね》
《地図も今さら中居に来てほしくないでしょ。いろいろ言われてるけど、新しい事務所立ち上げる苦労はあっただろうし》

などと、中居がジャニーズ事務所をついに辞めるのではないかという憶測が飛び交っている。

「確かに退所となれば、長期間契約が多いレギュラーテレビやCMを整理する準備期間が必要となります。芸能界を引退した堀北真希も、CMの契約があるため、最後の1年は新しい仕事がないのに事務所に在籍し続けていましたね」(芸能記者)

果たして、突然の番組打ち切りは何を意味しているのだろうか。

 

【あわせて読みたい】