「どのツラ下げてここに?」田中みな実が“自称モテ女”を一喝!に称賛

田中みな実

(C)まいじつ

1月21日放送の『女が女に怒る夜』(日本テレビ系)にフリーアナウンサーの田中みな実が出演。あざとさを前面に押し出すキャラクターがウリの田中だが、この日は共演者を一喝して視聴者を沸かせた。相変わらずの「ぶりっ子キャラ」を批判する声もあるが、この日ばかりは「よく言った」と田中をたたえる声が続出した。

女性が集い「嫌いな女性像」について議論する同番組。この番組で田中はいとうあさこ、MEGUMI、大久保佳代子らと共演した。

番組途中、「サークラ(サークルクラッシャー)女」として5人の女性ゲストが出演。過去にサークルを崩壊させたエピソードを再現VTRで明かした。

タレントの入澤優ら「サークラ女」は、自身の「モテエピソード」を披露しつつ、男性から人気を集めてしまったことがサークルの崩壊につながったとした。いとう、大久保らは彼女らのエピソードが鼻についたのか、嫉妬した表情で5人に八つ当たりして、スタジオを大いに沸かせた。

 

「さっきから黙っている」共演者からの指摘に…

入澤はトーク中、田中を見やり「さっきから黙っている。田中さんも『サークラ女』なのでは?」とつっかかる。すると田中は「どのツラ下げてここ(スタジオ)に来てるんだろうって(観察していた)」と入澤に対して「毒舌」を吐いたのだ。

田中の毒舌に視聴者は驚いた様子。ツイッターには

《田中もかわいい顔してズバッと言うよね》
《サークラ女5人を田中みな実1人でボコボコにしてしまった》
《鮮やかな決まり手で格の違いを見せ付けた》
《「お前らと一緒にするな感」が素敵》
《きっぱり「あなたとは違う」と答えた田中は(芸能人として)プロだ》
《あの顔面偏差値で言われたらぐうの音も出ない。あの口の悪さがまた好きになる》

と田中をたたえる声が相次いだ。

この日もアンチからのバッシングの声はあったが、田中にとっては「どこ吹く風」のよう。

視聴者の「支持率」も高まってきたようだ。

 

【あわせて読みたい】