「短足に見える」 滝沢秀明の“ヤンキーファッション”にファン幻滅!

滝沢秀明 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

1月11日発売の写真週刊誌『FRIDAY』が、昨年いっぱいでタレント業を引退した元『タッキー&翼』の滝沢秀明をとらえた。

掲載されたのは、後輩たちを連れて麻布十番に現れたという滝沢の写真。半袖Tシャツにジーンズ、サンダルという軽装から、写真自体は最近撮られたものではないことがうかがえる。

滝沢といえば、ジャニーズ事務所が15日に設立した関連会社『ジャニーズアイランド』の代表取締役社長に就任したばかり。ジャニーズ公式サイトによると、同社は「次世代のスター育成」を目的としているとのことで、滝沢はプロデューサーとして本格的に腕をふるっていくようだ。

同誌は滝沢の手腕に注目し、今後どのような“セカンドキャリア”を歩むのかと記述。昨年の事務所はスキャンダル続きだったため、“再生請負人”としてリスクマネジメントに期待する文章も残した。

 

プロデュース手腕よりファッションセンスに悲鳴!?

「『FRIDAY』や各マスコミはスキャンダルが続くジャニーズタレントの粛正を煽っていますが、滝沢にそんな権限はありません。彼はプロデューサーであって事務所の経営・運営をする訳ではありませんし、プロデュースするのもJr.だけです。デビュー組に関しては、これまで通り事務所のスタッフが売り出し方を決めていきますよ」(キー局社員)

ネット上でも、「そんな権限までは与えられてないでしょ」「不祥事起こす奴は追放してほしい」など両論が飛び交った同記事。しかし、さらに注目を浴びたのは滝沢のファッションで、スタッズが光るベルトやシルエットが太めのジーンズに、否定的な声が続出した。

特に、ジーンズをやや下げ気味に履いた“腰パン”スタイルはかなり不評な様子。ネット上には

《全然オーラがない!》
《タッキーってもっとスタイル良いよね?》
《腰でズボン履いてるから短足に見える》
《ちょっと前のホストみたい…》
《なぜわざわざ短足に見える履き方するんだろう》
《タッキーには腰パンなんてしてほしくなかった…》

といった声が上がった。

裏方に回って人から見られることがなくなり、容姿やファッションには無頓着に!?

 

【あわせて読みたい】