トリンドル玲奈「濃厚ベッドシーン」も“脱ぎ損”で大ピンチ!?

トリンドル玲奈 

(C)まいじつ

モデルで女優のトリンドル玲奈が窮地に陥っている。1月20日から始まった主演ドラマ『パーフェクトクライム』(テレビ朝日系)が、早くも“爆死”との評判なのだ。

同ドラマは、電子コミックで700万ダウンロードを突破した同名作品の実写化。上司や同僚との危険な恋の罠に堕ちていくヒロインの姿を描き、“オトナ女子”からの人気が高い。昇天寸前まで焦らす“お仕置きラブシーン”なるワードが一人歩きするほど、過激な性描写でも知られる作品だ。

ドラマ第1話でも冒頭からラブシーンが始まるなど、期待を裏切らない過激な展開となった。ベッドシーンもヌードこそなかったが、トリンドルは背中をあらわに激しく抱き合うなど、濃厚な演技を見せている。

「深夜ドラマとはいえ約3年ぶりの主演とあって、かなり気合いが入っていたと聞きます。これまで『イマドキのゆるふわ女子』の役どころが多かった彼女としては、濡れ場はまさに新境地。女優として一皮剥けたいとオファーを受けたそうです」(テレビ局関係者)

 

すでに賞味期限切れか?

そんな決意と覚悟で挑んだベッドシーンだが、実際に放送されてみると悲しいほど反響が小さいらしい。

「原作の人気を考えればもっと話題になっても良いのですが…。このままではトリンドルも“脱ぎ損”になりかねません」(同・関係者)

大きな話題にならなかった理由として、次のような指摘がある。

「トリンドルがすでに“賞味期限切れ”なのでしょう。ドラマではコンスタントに脇役をこなしていますが、番組へのゲスト出演やCMは激減していて、一部では『干されかけているのでは?』と囁かれるほどです。この2月からファッション誌『with』専属モデルも決まっていますが、ほとんど話題になりませんでした」(芸能ライター)

また、キャスティングミスを指摘する別の声も聞かれる。

「メインターゲット層である20~30代の働く女性にとって、トリンドルでは感情移入しにくいという意見が挙がっています。一方で男性は、 “モデル体型”であるトリンドルのベッドシーンに物足りさを感じるよう。せっかくの彼女の“挑戦”も、“人気がなくなったがゆえのエロ要員落ち”と捉えられているのが残念ですね」(ドラマウォッチャー)

ドラマとしてもトリンドルとしても、今後巻き返しを図れるか注目だ。

 

【あわせて読みたい】