前代未聞!? TBS宇垣美里アナ“現職セクシー写真集”の狙いとは

宇垣美里 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

TBSの宇垣美里アナが、現職中にもかかわらず“セクシー写真集”を発売すると出版界で話題になっている。

宇垣アナは3月末で退職し、その後、フリーアナ兼タレントとして活動すると報じられているが、正式な発表はまだの状態。一部では「芸能プロ大手O社と双方で契約に同意しただけで、決定ではない」などのウワサも聞かれる。そこで彼女は“弾みをつけるため”、あるいは“局の冷遇への腹いせ”として、前代未聞の「現職アナのセクシー写真」に挑むつもりだというのだ。

「TBSに近いスポーツ紙が、芸能プロO社に所属し、タレントとして活動することを一度は報じています。しかし、まだ契約まで進んでいないようです。そのため局としても、辞めることがはっきりしていてもウカツに発表できない。宇垣アナは、どうも契約金のことでO社入りを躊躇していると聞きます」(女子アナライター)

一部女子アナサイトによれば、宇垣アナの自信過剰は完全に暴走傾向。“カトパン”こと加藤綾子と同格の支度金を用意されると勝手に思い込んでいたらしいのだ。

「カトパンはS社所属ですが、複数社が競合。S社は少なくとも5000万円は契約金のような形で払っています。1億円説もありますが、テレビ関係者の間では別に高いという話も聞かない。当然だ、という感じです。だから宇垣アナも3000万円とか4000万円と想定していた。ところがO社の提示した契約金は、まさに“ケタ違い”。これに宇垣アナは気分を害したみたいなんです。そのためなかなか契約に至らないのです」(同・ライター)

 

自信過剰が行く道を阻む

宇垣アナは争奪戦どころか、フリーアナも多く所属するC社もS社も全く興味を見せなかったとされる。

「結局、ワガママで局を追われる形になった宇垣アナに手をあげたのはO社だけ。でも彼女の自信過剰は有名で、自分を過大評価する傾向がある。そのためO社にスンナリ入るか微妙な状況なのです」(同)

何より彼女は、今やほとんど出番がないTBSに恨み骨髄。後ろ足で砂をかけて出ていく気でいるという。

「今、宇垣アナのもとには現職でセクシー写真集を出版しないかというオファーが殺到しています。フルヌードとはいかなくても現職のアナがギリギリセクシーをやったら、それは局もビックリするでしょう。局にしても、辞める直前の社員だから文句も言えない。宇垣アナは局に恥じをかかせて辞める作戦なのかもしれません」(写真集編集者)

しかも局に対する仕返しは、彼女なりの計算もあるようだ。

「現役女子アナが脱ぐのは初でしょう。話題性は抜群だし、部数20万部以上。ギャラ1億円は期待できる。本当にカトパン並みの金銭を一気に手に入れられます」(同・編集者)

もし実現したなら、話題沸騰は確実だ。

 

【あわせて読みたい】