『キンコン』梶原“サプライズ動画”に批判「私が嫁なら耐えられない」

(C)VGstockstudio / Shutterstock

芸人活動のかたわら、ユーチューバーとしての活動にも精を出す『キングコング』の梶原雄太が1月24日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。普段アップしているユーチューブ動画を紹介しながら軽妙なトークを繰り広げた。

『カジサック』名義でユーチューバーとして活動していることを知っているユーザーからはテレビ出演に歓声が飛んだが、一般の視聴者からは動画や梶原の振る舞いを批判する声も聞かれた。

梶原は衆議院議員の石破茂氏や元TBSアナウンサーの安東弘樹、落語家の立川志らくらと「愛妻家」の芸能人としてゲスト出演。妻の誕生日に4人の子供とともにサプライズパーティーを開き、同時に動画に収めてアップしたと明かした。

これをきっかけに松本からユーチューバーに「転身」したことを振られ、冗談めかして「テレビに出てくるな」とイジられると、「(松本は)HIKAKINさんとも仕事してたじゃないですか」とツッコミを入れ、周囲を笑わせた。

 

ユーチューブにアップした「サプライズ動画」に賛否

サプライズパーティーでは、妻や梶原自身が思わず涙する場面も。松本からは「泣いたのは何テイク目だったの?」とイジるが梶原は即否定。しかし共演していた松本伊代とキャシー中島から「サプライズは好きではない。すぐに気づくから知らないふりをするのが大変」などと追撃されると、梶原は困惑した表情を浮かべていた。

梶原の動画を初めて見たと思われる視聴者は

《私が嫁なら耐えられないな。純粋に喜びたい誕生日でさえ配信されてしまうんだもの》
《いつもと違うとすぐ気付いちゃうから気づかないふりするのに気を使っちゃうから嫌い》

などと指摘。サプライズを動画で公開するユーチューバーとしての行動を非難する声が相次いだ。

一方、梶原のユーチューブを目にしている視聴者は

《あのサプライズは本当に感動的だったのに》
《全部動画を見てから言ってほしい》

と梶原を擁護していた。

梶原の評価は、普段ユーチューバー動画を見ているかによって異なるようだ。

 

【あわせて読みたい】