マツコ・村上『月曜から夜ふかし』の“透け乳首”企画にあきれ声が続出

マツコ・デラックス 

(C)まいじつ

1月28日に放送された『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)の企画が、視聴者の間で物議を醸している。

同番組はスタッフの“学生ノリ”が特徴的で、放送内容もダジャレや一般人イジリなど「くだらない」と称されるものばかり。しかし、独特の雰囲気がカルト的人気も博しており、放送内容には常に賛否が飛び交っている。

数多くのゲス企画も放送している「夜ふかし」だが、2017年には方向性がエスカレート。レースクイーンとしても活躍するタレント・青山めぐを起用し、太ももに時計を巻く「もも時計」や、「ジャージのポケットに500円玉を入れていくと何枚でずり落ちるか」など、女性の体で卑猥な検証を行う“セクハラ”企画を定番シリーズ化させていた。

 

下衆な悪ノリ企画に視聴者ドン引き…

そして、この日の放送ではおせち料理の具材を使い、「Tシャツから透けると乳首に見えるおせち料理を調査」との企画を実施。青山の下着に数の子や栗きんとんを接着し、Tシャツを着せて“透け乳首に見えるかどうか”を検証していった。

検証中のスタッフは「乳首に見える、見えない」など、まるで小学生のようなノリで大ハシャギ。検証の結果、黒豆が最も“透け乳首”に見えることが判明した後は、検証に使った黒豆をスタッフ同士で取り合う始末だった。

あまりに低次元なこの企画に、視聴者からはタメ息にも似た失望の声が。ネット上には、

《バカだなぁ…》
《キモいしつまらん》
《クソ滑ってるなこの番組》
《こんなので笑うのは中学生まで》
《食いもんで遊ぶなよ…》
《こんなのYoutubeでやれや》
《これだからテレビがバカにされる》

など、スタッフに対して厳しい声が寄せらた。

VTR後、MCの村上信五、マツコ・デラックスから話を振られたディレクターは、今回の企画に満足気な様子。果たして、こんな企画を自画自賛するバラエティー番組の未来は、明るいのか暗いのか…。

 

【あわせて読みたい】