「SMAPとの差は」?『VS嵐』挨拶にファン同士が泥仕合の悲惨

嵐 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

1月31日に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)のオープニングで、『嵐』のメンバーが視聴者に2020年末限りで活動休止することを改めて報告した。同番組は活動休止発表後、初めての放送だった。視聴者は冒頭に設けられたあいさつを歓迎。しかし『SMAP』のファンからは、活動休止の発表会見に引き続いて嵐を叩く声が聞かれた。

嵐の5人はスタジオとは別の場所で収録し、番組冒頭でその映像を放送。中央に陣取った櫻井翔が活動休止を改めて報告し、大野智が「突然の発表で驚かせてしまってごめんなさい」と頭を下げた。

「ただ、これからの時間も僕らが頑張っている姿を見せていきたい」と大野が前を向くと、5人は和やかなムードに。松本潤は「もうすぐ(放送)400回を迎える。たくさんの人に来てもらい、ゲームしながら楽しんでもらえたら」と笑顔。二宮和也は「終わらないように最後まで走り続けたい」と、活動休止まで番組を続けると示唆した。

 

「偉大なSMAPとの扱いの差がひどい」ファン間で論争

嵐ファンは番組の計らいに感謝していたが、かねてからSMAPファンからは批判の声が噴出していた。その多くはスーツに身を包み、事実上の謝罪動画を撮らされたSMAPとの「待遇」の違いに不満を漏らす声。

《やっぱり、SMAPにはおよばないね。スマスマには偉大なゲストが来ていた。VS嵐は全くおよばない》
《スマスマでスーツ着て神妙な面持ちで世間に謝罪させられたSMAPとの差はなんなんだ》

このほか、嵐を「温室育ち」「優等生」とやゆするブログ投稿も見られた。

これに嵐ファンも対抗。

《SMAPと似て売れずもがいた時代を約8年、Jr.黄金期の看板を背負っていた》
《SMAPが会見できずに解散させられて悔しいのはわかるけど、それを嵐で発散するのは違う》

SMAPと嵐、両ファンの言い争いはいまだに収まっていない。

 

【あわせて読みたい】