フィフィ激怒!校内ワイセツを“スクールセクハラ”と軽んじた『スッキリ』

フィフィ

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

1月31日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)が、千葉県で起きた女子児童の性的暴行被害を報道。その際に用いられた「スクールセクハラ」という言葉を巡り、ネット上で批判が噴出している。

今回「スッキリ」が報じたのは、昨年、千葉県の30代男性教諭が、当時小学生5年生の女子児童へわいせつ行為を行なった裁判。教諭は児童の胸を触る、服に手を入れるなどの行為を数カ月にわたり繰り返し、児童の母親によると、密室のトイレで“もう元には戻れないこと”までされたのだという。

これにより、児童はPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症して不登校となったため、教諭と学校を運営する自治体を相手取り、1000万円の損害賠償・慰謝料を求めて提訴。一方、教諭側は「励ますつもりだった」と脇や顎を触ったことは認めたものの、胸を触ったことは否定しているという。

 

イメージを軽くする言葉への批判と疑問

裁判による事実認定はこれからだが、もし被害者の証言が正しければ、「セクハラ」よりも「性的暴行」「性的虐待」と呼ぶ方が適切に思われる今回の事案。ネット上でも、「スクールセクハラ」との言葉を用いるメディアに対し、

《何でわざわざそんな表現使うんだ?》
《何とか別の表現で軽いイメージにしようという他意を感じる》
《スクールセクハラって何? スッキリで見てる件は犯罪だよ》
《よく思いついたなこんな言葉…》
《ほんと言い換えは日本の得意分野だな》
《普通に犯罪だし、言葉が軽い》

などといった批判が飛び交っている。

「セクハラとは“性的嫌がらせ”を指す『セクシャル・ハラスメント』の略ですから、本来の意味で言えば今回のケースも該当すると言えます。しかし今日では、セクハラというと『性的嫌がらせ』と言うには大げさな、軽いイメージになってしまっていることも事実。今回のような場合は、“性犯罪”として凶悪性を強調するべきでしょう」(大学准教授)

今回の報道には、タレントのフィフィもツイッターで、《「スクールセクハラ」って報道してたけど、セクハラ? 大の大人が女児の身体を触ってる状況ってわいせつ行為で、それが本当に起きていたとするなら法律で罰せられる案件じゃないの? 学校は聖域とはよく言ったもんだ》と批判。

『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳も、《『浮薄』 スクールセクハラ? 言葉が軽い… 校内強制猥褻だと思う》と苦言を呈している。

被害者に寄り添わない今回の報道姿勢は、「セカンドレイプ」の側面もはらんでいると言えるだろう。

 

【あわせて読みたい】