『小4少女虐待死』に“加担”した「教育委員会」に全方位の怒号!

(C)Doidam 10 / Shutterstock

千葉県野田市の小学4年生の女の子が、父親からの暴行で死亡した事件。女の子は「父からいじめを受けている」と学校に訴えたアンケートのコピーを、市の教育委員会の手で父親に開示されるという、トンデモない仕打ちを受けていたことが分かった。

アンケートの内容を目にした父親が激高し、暴力をエスカレートさせたのは想像に難くない。この件について、市の教育委員会担当者は1月31日の会見で、「配慮が足りないだけでは済まされない、取り返しのつかないことをしてしまった」と謝罪した。

一体、何度同じような過ちを繰り返せば行政は変わるのだろう。いや、変える気などさらさらないとしか思えないほどの無能ぶりだ。

この事件に世間は肩を震わせている。怒りともに、むなしさが満ち満ちていた…。ネット上では、