「意地が悪い」GACKTをイジめた『しゃべくり007』に怒りの声

GACKT

(C)まいじつ

2月4日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)にGACKTが出演。ストイックな生活で知られるGACKTだが、この日は普段口にしない食べ物を番組サイドから勧められる展開となった。ファンは「食のハラスメントでは」と指摘している。

番組では、GACKTが「夜の私生活」を続々と披露。ワインを「1日20本はいけた」と酒豪ぶりを振り返りつつ、親交の深いYOSHIKIとのエピソードも明かす。また、食生活について聞かれると「20年間米を口にしていない」と告白してスタジオは騒然。ソロ活動を始めた26歳のころ、「成功するには一番好きなものを食べるのをやめよう」と米を絶った経緯を明かした。

 

「米を絶っている」GACKTの目の前に米が…

そんなGACKTに、番組サイドは「今、一番おいしいお米とおかずがあります」とテロップを出し、米とサーモンの塩辛をメンバーに出した。メンバーが米を口にする中、GACKTはサーモンの塩辛だけを口に。『チュートリアル』の福田充徳は出された米を絶賛しながら「食べないと損」とGACKTに米を食べるよう勧めたが、GACKTは聞き流した。米を食べるメンバーを横目に「僕、見てるだけだけど意味あるのかな…」とつぶやき、周囲を笑わせた。

しかしこのくだりにファンは、

《かなり意地が悪い糖質制限ハラスメント》
《米食わないGACKTがゲストなのにご飯出してくるしゃべくり(は)鬼畜》
《嫌がらせやん。不愉快でした》

と本気で怒ってしまった。

一方で一般層からは

《筋肉すごいのは知ってたけど、生活がストイックすぎる!》
《米を我慢するGACKT様謎すぎてすこ》
《成功する人は何かが違うな》

とストイックさを絶賛する声も。テレビ出演は苦手だというGACKTだが、視聴者はGACKTに興味津々だ。

 

【あわせて読みたい】