2年前から告発『NGT48』山口真帆への日常的なパワハラが発覚!?

(C)Dragana Gordic / Shutterstock

昨年12月にファンから暴行を受けた『NGT48』山口真帆。事件の詳細を調べるため、運営側は第三者委員会を立ち上げたのだが、山口は「事件がもみ消される可能性がある」と懸念しているらしい。

山口は、第三者委員が中立ではないと示唆する一般ユーザーのツイートをリツイート(現在は削除済み)。さらに、

《何も解決してないのに適当な話ばらまいて風化させようって躍起になってる運営も、真実を追求しないマスコミも、悪いことをしたはずなのに処分されない一部のメンバーの子も、事件なんてなかったみたいにSNSに戻ってきた子も、全体的に気味が悪い》

など、マスコミや運営を批判する一般ユーザーのツイートに「いいね」を押した。そして、ツイッターのプロフィル欄から「NGT48」という表記を削除している。

「山口のツイッターの動きを見るに、今回の事件は明るみになっていないことがあまりにも多いと思います。まとめサイトに、『NGT48』の西潟茉莉奈、太野彩香、荻野由佳が“怪しい”と指摘する記事が制作されたのですが、これにも山口は『いいね』。まるで3人が裏で糸を引いていた可能性を示唆するかのようです」(芸能記者)

 

『お前を落とすのが俺の作戦』←脳みそ沸いてんのか?

もう1つ、過去の投稿や動画から、山口が「NGT48」劇場の前支配人・今村悦朗氏からセクハラ・パワハラを受けていたことが分かり始めているという。

「一昨年、2017年の6月ごろ、山口は生配信サービス『SHOWROOM』で、今村氏から『お前を落とすのが俺の作戦』と言われたことを明かしています。山口は以前から自分が干されている気がすると思っていたらしいのですが、今村氏から直接言及されたことで、『落としてる自覚あるのかよー!って思いました。本当に悔しかった』と涙ながらに告白しました」(同・記者)

同年の9月には、山口が髪の毛を巻いた姿をインスタグラムに投稿しながら、「支配人が巻き髪が趣味じゃないのでいつもはNG」と暴露。これには「髪型まで決めるとかセクハラだろ…」「アイドルを自分好みの女にしたいとかキモ過ぎる」などと、ドン引きの声が上がっていた。

今回の襲撃事件の実行犯と今村氏につながりがあった可能性を、1月30日付の一部ネットメディアが報じていた。やはり事件は、相当に根深そうだ…。

 

【画像】

Dragana Gordic / Shutterstock

【あわせて読みたい】