『はじこい』深田恭子の胸が“ブルンブルンッ”で「ストーリーが頭に入らない」

深田恭子 

(C)まいじつ

2月5日にドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)第4話が放送された。この日はストライプのワンピースに身を包んだ深田恭子が、相手役の横浜流星を探して走り回ったのだが、視聴者からは「胸が凄い…!」と興奮の声が上がっていた。

同ドラマは塾講師の順子(深田)が高校生の由利(横浜)と恋に落ちるストーリー。第4話では2人が他の塾生徒、講師とともに合宿に向かい東大合格に向けて勉強に励む展開。順子に恋心を抱く幼馴染の雅志(永山絢斗)も合宿先に向かい、順子は合宿先でも複数の男性からアプローチを受けることとなった。

合宿中に由利が宿泊先にいないことに気付いた順子は、合宿所の周辺を探し回った。最終的に夜、順子と由利は山小屋で2人きりに。まだ17歳という設定の由利は「(来年の)2月には18歳になるから」と、18歳になったら付き合ってほしいと告白したが、交際経験がない順子は由利の気持ちを感じ取ることができなかった。

 

走り回るたびに深田恭子の胸が…

深田が合宿の際に着用 していたワンピースはブランド『LADYMADE』らしい。合宿所の外を走り回り、山の林をかき分けて進む深田の胸がゆっさゆっさと揺れた。

番組終盤には合宿で開かれたパーティーの「余興」として、深田がブルゾンちえみのモノマネを披露。ストライプのシャツに黒スカートで胸を張りながら演じ、深田の胸が強調される様子に視聴者は大いに沸いた。

《深キョンの胸が強調されるような衣装にはらはら》
《深キョンさん胸を強調し過ぎてる!》
《無駄に胸に目が行ってしまう》
《顔と胸にしか目が行かない。ストーリーが頭に入らない》
《男子が好きそうな服だわ》

との声が続出。視聴者はストーリーそっちのけで深田の容姿にくぎ付けとなった。

また別の視聴者層からは、ドラマのストーリーも好評を博している。

2種類のファンから支持されて、視聴率の伸びにも期待できそうだ。

 

【あわせて読みたい】