オジさんたちと頻繁に交流?有安杏果の告白で『ももクロ』メンバーに黒いウワサ…

有安杏果

(C)まいじつ

2月6日、元『ももいろクローバーZ』有安杏果が自身のツイッターで、個人事務所を立ち上げたことや、医師の男性との交際を明かし、衝撃が起こっている。

昨年1月にグループから電撃脱退した有安だが、今回週刊誌から直撃取材を受けたため、急遽包み隠さず発表することにしたらしい。

《私は現在、一般男性の方と結婚を前提に交際をさせていただいています。この方は、医師としてこれまでも私の活動を親身にサポートをしていただいていた方であり、今後はアプリコット(有安の個人事務所)の代表としてお仕事の面でも支えていただくことになります》

とつづっている。

そしてその後の取材によって、お相手の医師は48歳だと判明。23歳の有安とは倍以上の年の差だ。

これに対してネット上では、

《父親でもおかしくない年の差。ちょっと普通じゃない子だね》
《患者さんと交際してしまう心療内科医がアウト。プロではない》
《最初はお年頃だから仕方ないと思ったけど、医師の年齢聞いてドン引き》

など、かなり厳しい声が飛んでいる。

年上男性が好きなのか、うまく落とされたのか

「今回の件については、有安だけではなく、『ももクロ』自体に大きな悪影響を与えたと思います。というのも、2011年4月にグループから脱退している早見あかりも、ひと回りほど離れた男性との結婚を昨年に発表していました。そしてその男性とは、何と18歳のときに“友人の紹介”で出会ったと明かしているのです」(芸能記者)

早見と男性が出会ったとき、早見は18歳で男性は20代後半。誰がこの2人をくっつけようとしたのか…。

「つまり早見も有安も、同世代の若い男性ではなく、かなり年上の男性好みだと言えますし、恋愛テクニックに慣れた年上男性にうまく落とされたとも言えます。ももクロファンは、AKBや乃木坂などと違って疑似恋愛要素がないとされていますが、だからこそ余計に大きなショックでしょう。まだ、同世代のイケメン芸能人とゴールインしたほうが祝福できたのでは」(同・記者)

“全力ライブ”でアイドル戦国時代を勝ち残った『ももクロ』も、もはや全員が20代中盤。今後、残りの4人も“オジさんと結婚”となったとき、ファンの心が持ちこたえられるか心配だ。

 

【あわせて読みたい】