ZOZO前澤社長が「本業に集中」宣言で“恋人関係”に変化が!?

『ZOZOTOWN』の前澤友作社長が2月7日、ツイッターを休止すると発表し話題になっている。

前澤社長は「本業に集中します。チャレンジは続きます。必ず結果を出します。しばらくツイッターはお休みさせてください」とツイート。しばらくの間はSNSから距離を置くことを発表したが、ネット上では《今まで本業に集中してなかったのかよ!》《いいかげん、調子に乗り過ぎだな》《株主に突き上げられたんだろww》など、散々な言われようだ。

「もともと、他社のブランド力で勢力を伸ばしてきた会社なのに、最近ではその肝心のブランドが軒並み“ZOZO離れ”を始めており、社内で大問題になっていたといいます。さすがにいつまでもツイッターで好き勝手な発言をしてる場合ではないでしょうね。1月にはツイッターフォロワー100人に現金100万円をプレゼントするなど話題になりましたが、喜んでいたのはフォロワーだけで、業界では失笑が漏れていましたよ」(ファッション業界関係者)

 

世間知らずの原価厨は見限られた

実は、ZOZO離れをしているのはアパレルブランドだけではなかった。古くからサイトを利用していた常連客も、他社に乗り換える人が増えているというのだ。その原因の1つに前澤社長の“原価発言”があるという。

「前澤社長の『今、お店で約1万円で売られている洋服の原価がだいたい2000~3000円くらいだということを、皆さんはご存じですか?』というツイートが物議を醸しているんです。ネット上では昔から“原価厨”といって、何にでも原価を持ち出して比べる人がいるのですが、世の中の仕組みを分かっていないと総たたきされるのが常です。それを社長自ら言ってしまうのですから、呆れてものも言えません。実際、ネット上では『でも、その売り上げの3割もZOZOは持ってちゃうんでしょ』と指摘される始末です」(ネットウオッチャー)

一方、芸能関係者の間では、これを機に「剛力彩芽との交際も終わるのではないか」と囁かれている。自己顕示欲の強い前澤社長は、ファッションのように女優との付き合いを世間に見せびらかしてきたが、これも本業が順調であればこその話。19年3月期業績見通しの大幅下方修正に追い込まれた現在、いつまでも仲良し交際アピールしているヒマはないだろう。

業績不振で一番戦々恐々としているのは、当の前澤社長よりも剛力の方かもしれない。

 

【あわせて読みたい】