『純烈』の“おわび行脚”に怒りの声「全部気持ち悪い」「早すぎる」

純烈 

(C)まいじつ

『スーパー銭湯アイドル』として人気を博し昨年の『紅白歌合戦』に出場した歌謡グループ『純烈』が、2月7日の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に出演した。坂上の直接取材に、リーダーの酒井一圭が涙を流しながら「懺悔」。坂上は終始メンバーに優しく対応したが「最近、テレビに出すぎ」「フォローしすぎ」などと批判の声が上がっている。

番組ではメンバー・友井雄亮が女性トラブルで引退を発表するまでの5日間に迫った。チーフマネジャーによると、1月6日に友井から「週刊誌に直撃された」と電話があったという。

チーフマネジャーは「ほとんど何も答えなかった」と友井から報告を受けたが、同週刊誌の直撃取材映像を見ると、友井は事実と異なる受け答えをしていたことが明かされた。

交際女性へのDVや3000万円の金銭トラブルを報じる週刊誌のファクスが届いたが、事務所や他のメンバーは報道内容を一切知らなかった。酒井が問い詰めると友井はあっさり事実関係を認めたという。

 

元メンバー・友井の復帰の有無を問われリーダーは涙も…

報道された日とチーフマネジャーの父が亡くなった日も重なり、事務所の対応も後手後手に。焦ったスタッフが友井名義で「謝罪文」を書いたが、友井が事実関係を認めていたことから削除したという。

記者会見で「僕の中で友井はもう死んだ」と断罪したリーダーの酒井一圭は、坂上から「戻ってくることはないの?」と質問を受けた。涙ながらに「今はないけど…ないでしょう」と断言した。

純烈メンバーは仕事を続けるかたわら、このところ『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系、1月30日)などテレビにも出演しメディア上で「おわび行脚」を繰り返している。視聴者は

《純烈のあの話の暴露早くないですか》
《純烈の問題、こういうので取り上げるの早すぎない?メンバーがかわいそう》
《純烈、坂上、「純烈ガンバレ」みたいな風潮。全部気持ち悪い》

などと、このところメディア露出が多い純烈に違和感を見せていた。

純烈メンバーにとってはここからが踏ん張りどころだろう。

 

【あわせて読みたい】