宇垣美里アナも“パイ負け”!たわわ過ぎるキャスターたち

宇垣美里アナウンサーがTBS退社を発表し話題になっているが、何かと世間の注目を浴びる女子アナウンサー界において、今、男性視聴者の熱い視線を集めまくっているのが、気象予報士の小野裕子キャスターだ。

小野キャスターは昨年10月3日からTBS『ひるおび!』内のJNNニュース天気を担当しているが、出演を重ねるたびに“ウワサ”が広がり、今では出演日の毎週水曜日を楽しみにする男性ファンが急増している。

「“ウワサ”になっているのは推定Fカップといわれている巨乳です。出演時には身体に密着したニット姿で登場することが多く、メロンのようにふっくらと盛り上がった胸を楽しみにしている視聴者が増えています。たった数分間の短いコーナーですが、小野キャスターが登場すると、ネット上では『待ってました!』『今日もたわわなおっぱいありがとう』など、男性ファンから歓喜の声が上がりますね」(女子アナウオッチャー)

小野キャスターは元大分放送のアナウンサーで、2016年3月に退社後は気象予報会社『ウェザーマップ』に所属。現在は気象キャスターとして、主にTBSのお天気コーナーで活躍している。

「大分放送時代は今よりもスリムで、特別胸が目立っていたわけではないのですが、関係者の間では知る人ぞ知る“隠れ巨乳”として有名でした。大分の“ゆうこりん”と呼ばれていて、地元ではかなりの人気でした。現在は35歳という年齢から、色っぽさも増してきて、熟女好きの網にもかかるようになりました。少し体つきがふっくらとしてきたことで、以前よりもさらに胸が成長したかと思います」(同・ウオッチャー)

 

まさに飛び出すテレビ

巨乳お天気キャスターといえば、同じウェザーマップ所属の福岡良子キャスターも男性ファンから絶大なる支持を集めている。17年4月3日より、NHK総合テレビ『ニュース シブ5時』に気象キャスターとして出演しているが、福岡キャスターの登場シーンは“飛び出すテレビ”といわれ、その“大き過ぎ胸”に毎回注目が集まっている。

View this post on Instagram

8/28 #きょうの変身 #仮面ライダー弾鬼

A post shared by 福岡良子 (@fukuoka_ryoko) on

女子アナ界では人気ナンバーワンといわれている宇垣アナだが、バストに関しては上には上がいるようだ。