ジャニーズがOKでも…小島瑠璃子&村上信五の「結婚」が許されない理由

村上信五 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

“こじるり”ことタレントの小島瑠璃子と『関ジャニ∞』村上信五に、ゴールイン間近とのウワサが飛び込んできた。

2人は2017年10月、村上のマンションで一夜を過ごしていたことが『FRIDAY』のスクープにて発覚。報道後の村上はMCを務める番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)でマツコ・デラックスからイジられまくるも、「隣にも座ってくれへんかった」「ずっと対面」と“何もなかった”ことを明かしている。

しかし、去る2月1日、「FRIDAY」はまたも小島と村上の密会をキャッチ。同誌によると、1月下旬に個室カラオケ店で開かれた「関ジャニ∞」の新年会に、小島も駆け付けたのだという。

 

“最大ハードル”クリアも…

「17年の報道後は関係を否定した2人ですが、今も会っていることから交際していると見ていいでしょう。また、同報道の2カ月ほど前、村上は『――夜ふかし』の収録で『年齢的なこともあるし、次撮られた人とは結婚すると思ってほしい』とオフレコで発言していたことが観覧客のSNSで明らかになっています。実際、本人、ファン、事務所ともに“お笑いキャラ”でアイドル的需要がないことは認めているため、結婚の理解はスムーズに得られるでしょう」(芸能ライター)

アイドル事務所であるジャニーズが所属タレントの人気低下を招く結婚を許すのは、今も昔も異例のこと。ただし、ここさえ突破できればゴールイン一直線なのは、先輩たちを見ても明らかだ。

とはいえ、今回に関しては小島所属の『ホリプロ』サイドが難色を示しているようで…。

「現在の小島は、ホリプロの20代女性タレントで間違いなくトップの売れっ子。全体的に見るとこの層は薄く、次点と呼べる位置に足立梨花がいるくらいです。この状況下で小島が結婚し、支持層である男性人気が低下するのは、事務所にとってかなりの痛手。仕事に穴を開ける産休・育休なんてもっての外で、後継タレントが育つまでは“お預け”状態になると思いますよ」(芸能プロ関係者)

何はともあれ、もし2人が家庭を築いたとしたら、相当おしゃべりな子どもが産まれそうだ。

 

【あわせて読みたい】