水卜麻美アナ『激ヤセ』原因は「人気落ち」か「フリー準備」か「フラれた」か

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

“ぽっちゃりアナ”というブランドを作った日本テレビの水卜麻美アナが、最近“激ヤセ”したと評判だ。一時、ダイエットしたという話もあったが、そのときよりもさらに細いという。

「スリムとまではいきませんが、相当にヤセたことは確か。身長158センチ。前の体重はMAXで60キロの半ばまであったといわれます。でも、今7~8キロはヤセたでしょう。見ても、デブというほど太いわけでもありません」(日本テレビ関係者)

それはどんなところから分かるのか。かつては体全体がムッチリしていて見るからに豊乳だったが、今は並乳という感じ。

「以前は首に肉が付き過ぎて顔と同じ太さにも見えました。今など、鎖骨から首筋にかけて、あまり肉がない。首のラインもスッキリしてきた。見た目は『多少太いかな』というレベルで、もう“ブタアナ”ではありません」(同・関係者)

水卜アナは2月11日に放送される特番『今だから話します 平成最後にアスリート初告白 SP』に出演。再現ドラマでフィギュア金メダリストの荒川静香役も演じる。

「再現ドラマで、水卜アナは荒川をマネてリンクで滑ります。スケーターはアスリートですから、細身の演者ではダメ。少し太目かな程度の水卜アナがちょうどハマる。水卜アナは、番組のためにダイエットしたのではありませんよ」(同)

 

滝沢の強権発動で強制破局?

水卜アナは2015年、昼の情報番組『ヒルナンデス!』で共演していたジャニーズ『関ジャニ∞』の横山裕との交際が発覚。そのモラルが問われた。

「たださえ評判が悪いジャニーズアイドルと付き合うのはご法度なのに、水卜アナは交際を貫いた。しかし、ジャニファンからのバッシングが強く、17年に朝の情報番組『スッキリ』に異動。そのまま“水面下愛”を続けていました」(女性誌記者)

しかし、昨年からジャニーズ事務所は、『ジャニーズアイランド』社長の滝沢秀明が人事権を掌握。所属アイドルの女性関係を厳しく制限。それが水卜アナにも影響したとみられる。

「昨年、水卜アナには横山との結婚説が出ていたのは確か。しかし、滝沢の強権発動で、2人は別れさせられた可能性もある。日テレは民放一のジャニーズ寄り局。すでに今年に入って破局報道が出ており、その後、水卜アナは急激にヤセました」(同・記者)

水卜アナが後ろ髪を引く思いで横山と別れたのならば、激ヤセも納得だが…。

 

【あわせて読みたい】