テレ朝・竹内由恵アナが視聴者「ドン引き」させた“おバカ質問”とは

竹内由恵 

(C)まいじつ

テレビ朝日の看板番組『報道ステーション』(報ステ)のMCである竹内由恵アナの“おバカぶり”が、マスコミどころかネットでも話題になっている。

竹内アナは現在、番組の金曜のみのMC。月~木は不倫で同局を退職した徳永有美が復帰し、MCを務めているが、そう遠くない将来に竹内アナが連日のMCに就くと思われていた。しかし、どうやらそれはなさそうだ。

「竹内アナは昨年9月まで夕方ニュース『スーパーJチャンネル』の連日MCでした。同番組は夕方の時間帯で民放2位の視聴率。局の代表番組でもある。だから報ステに回されて1日だけのMCは事実上の降格。でも、それもしょうがないなと改めて実感しました」(スポーツ紙記者)

竹内アナはどうして降格になったのか。彼女は元「ミス慶応」で、鳴り物入りでテレ朝に入社した。

「とにかく男性関係が派手過ぎ。既婚上司、プロ野球選手、プロバスケ選手、広告代理店社員など、年に2、3回は交際が発覚。上司以外は“いいお付き合い”のつもりなのか『見守ってください』と言いながら、すぐ破局。彼女の言い分は『独身だから恋愛は自由』。もっともな理屈ですが、毎度週刊誌などに現場を押さえられているので、上層部も問題視。報ステの1日MCに降格させたのです」(テレビ朝日関係者)

 

野獣でなければ何になる?

そんな竹内アナは2月7日、柔道のロンドン五輪金、リオ五輪銅メダルの“野獣”松本薫の引退会見に出席。

「代表質問が終わって、その他マスコミの質問ですかさず挙手。松本に『今後、野獣になることは?』『野獣でなければ何になりますか?』と質問。周りの記者は“くだらねぇ”といってシラケ笑いしていました」(同・記者)

ネット上では「報道ステーションの竹内由恵です」と名乗る“恥投稿”もされている。

「竹内アナは、男性関係の“お灸”で1日MCにされたのかと思われていた。ヘタをすると、局に批判的でネットTVに異動、3月末で退職する小川彩佳アナと同じ運命かもしれません。小川アナは昨年9月まで報ステの連日MCでした。今、竹内アナと徳永は、すごい不仲で、竹内アナは納得していない。実は竹内アナをクサらすために、徳永を月~木にしたという話もあります」(テレビ朝日関係者)

軽くておバカな上に批判的では、さすがに居場所はないかも!?

 

【あわせて読みたい】