坂口杏里が『芸能界』復帰が間近で“大金持ち”に一歩前進?

(C)FotoMirta / Shutterstock

元タレントの坂口杏里が2月7日に「夜のお仕事」で勤務しているお店のサイトに投稿した日記が話題になっている。

坂口は5日に東京・渋谷で、映画監督でタレントの杉作J太郎とのトークイベント『坂口杏里と今亡き。でもそばにいそうな母の話』に出席し、亡き母・坂口良子さんとの思い出を語った。

大勢のファンが参加したようで、坂口は日記の中で「トークイベント! 楽しかった」と明るく振り返り、「たーくさんのお客様が集まってくれて、、平日にもかかわらず、、ありがとうございました」と感謝の言葉をつづっている。

現在坂口は、芸能界復帰に向けてバンドを結成。1月にオーディションを行い、無事メンバーも決まり着々と準備を整えている。

バンド活動は「夜のお仕事」と両立しているようだが、日記には「ありがたいことに最近は本業の芸能活動再開に毎日近づいています! バタバタでやっぱり掛け持ちはきつい」と、芸能界復帰が近いことを示唆。他にも、「今日も仕事の方に連絡返したりバタバタの中の出勤です」「2月もまたまたイベントいくつかやらせていただきます! 3月はなななななんと、、、まだ告知はできませんがみなさんお楽しみに」などと、芸能活動の潤いをニオわせている。

 

「芸能」の定義が分からなくなる

この姿にネット上では、

《まるで引っ張りだこのような言い方だね》
《この人を見ていると、「芸能」の定義が分からなくなる》
《仕事キツイってほどしてないでしょ》
《自分から芸能人に戻りたがったクセに、何がキツイんだよ》
《あなたにそれほどの需要があるとは思えませんが…》

などといった呆れた声が相次いだ。

「坂口が芸能界に復帰したら、最初はモノ珍しさからテレビ仕事がいくつかあるでしょう。しかし、トーク力がなく、ルックスは並み以下、犯罪歴がある、といったことを踏まえると、半年もたたず需要がなくなるのは確実。芸能界復帰は『夜のお仕事』の宣伝程度にしかならないはずです」(芸能記者)

しかし、テレビで宣伝ができるのは非常に大きい。批判を受けながらも、坂口が大金持ちに近づいているのは間違いない。

 

【あわせて読みたい】