カンニング竹山「池江にエール」直後に自著宣伝ツイートで批判続出

カンニング竹山

(C)まいじつ

2月12日、競泳女子の池江璃花子が白血病を公表した。ワイドショーやSNSなどでは多くのタレントがコメントをつづっているが、カンニング竹山の発言が物議を醸している。

竹山は12日にツイッターで「池江さん、絶対に治る!絶対に治ります!」と励ましコメント。竹山といえば、06年12月に相方の中島忠幸さんを急性リンパ性白血病で亡くしており、人一倍今回の病気を気にかけたのかもしれない。

しかしアメリカ在住のがん研究者である大須賀覚氏は、ツイッターで、

《池江選手の報道を見ると、日本でがんを公表する難しさを感じます。公表すると患者は「善意の攻撃」を受けてしまいます。皆さんが心から良くなってほしいと願う気持ちは分かります。しかし科学的根拠のない治療を勧められたり、「絶対に治る」のような根拠のない励ましは患者に負担となることもあります》

と苦言。竹山に直接コメントしたわけではないが、これによりネット上では竹山をたたく流れになった。

《確かに竹山は相方を白血病で亡くしてる上、専門的な医師でもないのに「絶対」に治るとかおかしいわ》
《取材されて答えた結果の発言なら仕方ないけど、わざわざツイッターで自ら発信してるからな》

など疑問の声が相次いでいる。

 

流石にこれは批判されるだろ

しかも竹山は、池江に対する励ましツイートをしたわずか2時間半後に、「福島の本、今書き終わりました! さぁ、3月上旬発売です!」と自身の著作物を宣伝。これには、

《お、注目されてるな? 本の宣伝や!ってか? 頭おかしいだろ》
《最低だなこいつ》
《縁起が悪い上、ツイートが注目されるタイミングで宣伝してるから確実に狙ってやってるよね》
《さすがに流れがおかしいだろ…》
《本物のクズ》

などと批判が続出した。

「最初のコメントだけならまだ擁護する人も多かったでしょうが、直後の宣伝はタイミング的にあまりにもヒドい。竹山はテレビでコメントする機会が多いので、そのときに丁寧に話す方が賢明でしたね」(芸能記者)

本を書き上げた開放感で、池江璃花子のことなど忘れてしまったのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】