「青汁王子」逮捕!『東京MXテレビ』出演者の“呪い”が再び!?

(C)Ysbrand Cosijn / Shutterstock

「ワケありタレント再生工場」と揶揄される東京MXテレビは、その一方で、出演者がスキャンダルに見舞われ姿を消すことでも名高い。

朝のニュース番組『モーニングクロス』のコメンテーターを務めていた“青汁王子”こと三崎優太容疑者が2月12日、約1億8000万円を脱税したとする法人税法違反などの疑いで東京地検特捜部に逮捕された。

「王子は、ダイエット効果をうたった青汁などを販売する『メディアハーツ』を経営する一方、『月収は1億円』と豪語し、実際に昨年、1億1000万円の競走馬『ベガスナイトの2017』など計4頭を2億2400万円で落札しています。また英ベントレー初のSUVで約3000万円もする高級車『ベンテイガ』を購入するなど、ド派手な私生活っぷりをアピールしていました。同時に『(国税当局が)締め付けたりいじめたりして、優秀な高所得者が海外へ流出している』と国税を敵に回すような持論も展開し、実際に昨年12月、日本に納税したくないと居住地を地中海にあるマルタへ移しています。今後どうなるかは分かりませんが、塀の中に落ちたとしてもみそぎを済ませたら、ホリエモンのようにMXに拾ってもらえばいいですよ」(テレビ誌ライター)

 

捨てる神あれば拾う神あり

過去には同局の人気番組『ニュース女子』が沖縄の基地問題を取り上げた際、ヘイトとの批判を受け番組を終了したり、フリーアナウンサーの長谷川豊氏がMCを務めていた「バラいろダンディ」を暴言で降板した折には、それまでアシスタントを務めていた阿部哲子アナがその報告をしたのだが、その阿部アナも突然降板してしまった。理由は不倫発覚といわれている。

青汁王子と同じく「モーニングクロス」のコメンテーターを務めていた倉持麟太郎弁護士が、山尾志桜里衆院議員とのダブル不倫スキャンダルで一時姿を消したが、スキャンダルの鎮火後、再び同番組に復帰している。

ついでに同局で再生した御仁には、経営コンサルタントのショーンK(ショーン・マクアードル川上)や不倫騒動でタレント活動を自粛していた矢口真里が最初に登場したのが同局の『教えて!アプリ先生』だった。

「他にも複数女性との“不倫スキャンダル”が明るみになった乙武洋匡氏、王子と同じような個人事務所の申告漏れが発覚し、全レギュラー番組を降板するハメに陥った板東英二氏も同局に救われた口です」(同)

王子が再び姿を現すのは、MXのどの番組だろうか。