鈴木奈々「アレにしか見えない」腰振りにエロすぎてドン引き

鈴木奈々 

(C)まいじつ

2月13日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)にタレントの鈴木奈々が出演。この日、柔道技などの罰ゲームを次々と受けて大きなリアクションを連発したが、ポーズが「エロすぎる」「アレにしか見えない」と話題になった。

番組冒頭で放送された企画は『利きIKKO選手権』。IKKOのモノマネでブレークした『チョコレートプラネット』の松尾駿と、IKKOがアテレコ、流れた声が松尾とIKKOのどちらの声か聞き分けるという企画だった。「背負い投げ〜!」「体落とし〜!」など柔道技に関連したセリフが中心で、間違えた解答者は罰ゲームとして背負い投げなどの技を受け続けた。

企画には松尾の相方・長田庄平や同僚芸人の中山パラダイスやナダル、『ジャングルポケット』の太田博久が登場。紅一点、鈴木も解答者として加わった。

 

正座で腰を縦に振り「ダメ!…」

何度も聞き間違えて罰ゲームを受けた鈴木だったが、問題となったのは第8問。「激辛〜!」の声を聞き分けたが、鈴木は不正解。「激辛」成分が入った液体を飲まされると、鈴木はその場に座り込み、「水!水!」と奇声を上げた。

鈴木は「これ、ダメ!これ絶対ダメ!」とあまりの辛さに悶絶し、正座しながら膝を開き、腰を縦にグラインドしながら手を振り「NGサイン」を出し続けたが、他の男性芸人はやや引いた面持ち。太田は冷静な声で「奈々ちゃん、その動きやめようか」と指摘すると、鈴木は我に返ったのか苦笑いしながらその場に突っ伏した。

このシーンに

《鈴木奈々が腰縦に振って騎乗位みたくなってて爆笑した》

と鈴木のリアクションに笑う視聴者もいたが

《そういうのを連想させて男を釣ろう、的な動きが多い》
《うるさいし下品だし得意じゃない》

など、鈴木のリアクションが下品だとブーイングを浴びせる視聴者もいた。

この日は鈴木に「太った?」「もしかしておめでた?」との指摘もあった。あの腰つきは手慣れたものだったのだろうか。

 

【あわせて読みたい】