米津玄師『ゲス不倫』をイジり幻滅される「そこらの若いヤツと一緒」

米津玄師 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

2月13日、歌手の米津玄師が『ゲスの極み乙女。』のボーカル・川谷絵音にメッセージを送り、批判を浴びている。

この日は、川谷の元不倫相手であるベッキーが、プロ野球・巨人の片岡治大コーチとの結婚を発表。当然、川谷に注目が集まったのだが、そんな中で米津はうつむいている川谷の写真をツイッターに投稿しながら「絵音に幸あれ」とコメント。不倫をイジるような行動を取った。

一方、川谷も米津の写真を投稿しながら、「米津に幸あれ」とツイート。米津との仲の良さをうかがわせた。

 

幻想を持ちたがるファンが幻滅

彼らのファンからは「なかなか面白いツイートするやん」「米津さん優しい」「米津さんったら…笑 さすがです」など称賛の声が相次いでいるが、ネット掲示板では、

《はぁ…なんでネタっぽい扱いにするんだろ、嫌悪感》
《米津玄師の好感度ガタ落ち》
《中身は今時の若い人と同じなんだね》
《売れて調子のっちゃうタイプだったら幻滅なんだけど》
《このネタに触れるなんて… もしかしてSNSやっちゃいけないタイプ?》
《顔見せたくないだけで案外目立ちたがり屋だよね》

など、米津に幻滅する声が後を絶たない。

「米津はメディアにほとんど出ない売り出し方をしていたため、ファンは彼をストイックで繊細なタイプだと思い込んでいるようでした。しかし最近のSNS投稿では、ユーチューバーのHIKAKINと飲み明かしたり、『RADWIMPS』野田洋次郎と決め顔で写真を撮るなど、そこらの若者と変わらない雰囲気だと露呈。幻想が打ち砕かれ、冷めるファンが続出しています」(芸能記者)

昨年末の『NHK紅白歌合戦』出場で爆上がりした一般層からの好感度が、ここ数日で一気に下がっている米津。信者たちは相変わらず絶賛しているが、一度剥がれたイメージが元に戻ることは、もうなさそうだ。

 

【あわせて読みたい】