アナタも逮捕される!?「スクショ違法化」の恐怖にネット大混乱

(C)WAYHOME studio / Shutterstock

『漫画村』をはじめとする海賊版サイトが社会問題になったのは記憶に新しい。以降ネットにおける著作権を守ろうとする動きが加速したことは喜ばしいが、その反面、文化庁が現在まとめている著作権法の改正案が「危険過ぎる」として、保護される側の有名漫画家まで反対の声をあげる事態となっている。

朝日新聞の報道によると、改正案では、これまで音楽と映像に限って違法としていたダウンロードを、小説や雑誌、写真、論文、コンピュータープログラムなど、あらゆるネットのコンテンツに拡大するという。また、パソコンやスマホの画面を撮影して保存する「スクリーンショット」(以下、スクショ)も違法となる。

この「スクショ違法化」という部分が一人歩きを始めた結果、メモ代わりにと気軽にスクショ機能を使っていた人たちが恐怖を感じているようだ。

「『合法・違法を問わずすべてのスクショが禁止』と捉えて混乱している人が多いようですが、取り締まり対象はあくまで『海賊版コンテンツのスクショ』です。例えば、違法にアップロードされた漫画のページを1枚1枚スクショしていった場合、それは違法ダウンロードとほぼ変わりません。その対策のために、違法ダウンロードの中にスクショも含めたということでしょう」(IT系ライター)

 

アニメアイコンも取り締まり対象に?

とはいえ、そのコンテンツが違法アップロードされたものであるか否かを判断するのが難しいケースもある。

「違法コンテンツと“知りながら”ダウンロードやスクショした場合への罰則を想定しているようですので、知らずにそうしてしまった場合は大丈夫かと思われます」(同・ライター)

それなら一般的なネット利用をしていれば心配ないように思えるが…。

「ただし、危険性がないとは言い切れません。身近なところではツイッターなどのアイコン。アニメのキャラクターをアイコンにしている人も多くいますが、これは著作権のある画像を許可無く使っているので今後取り締まられる可能性もあります。その場合、アニメアイコンが映った画面をスクショしてもアウトかも…。他にも曖昧な部分は多いのですが、現時点ではまだ改正案を練っている段階です。今後、具体的な方針や線引きが発表されるのを待つほかありませんね」(同)

より一層、著作権を意識する必要が出てきそうだ。

 

【あわせて読みたい】