「甘えるな!」若槻千夏の『声優業』“オファー待ち”にアニオタ激怒

若槻千夏

(C)まいじつ

タレント・若槻千夏の“とある発言”が、ネット上でアニメオタクの猛バッシングに遭っている。

2月12日、若槻はTBSのトーク番組『有田哲平の夢なら醒めないで』に出演。この日は声優をトークゲストに集めた『生き残りをかけた戦国時代!人気声優SP』という回だったため、議論を見守る役の若槻も声優についての思いを口にしていった。

かねて「本気で声優を目指している」と公言していた若槻は、自身の声優としてのプロ意識の高さをこれでもかとアピール。「声優がやりたくてレッスンも受けている」と熱い思いを語り、出演した声優陣を“大先輩” と呼ぶなど終始興奮した様子を見せた。

 

「オファーを待たずにオーディション受けろ!」

さらに若槻は、声優陣が喉のケアのため愛用しているという「のどシロップ」が紹介されると、「私も持ってる!」と驚き。何とポケットから実物を取り出し、「普段、収録前に舐める」「先輩たちと同じ物を持ってる…」とさらにテンションを上げていった。

司会の有田が思わず「ほんとにプロ意識高いね」と感心すると、若槻は「プロ意識は高い。オファーが来ないだけ」と自虐を交えて苦笑い。すると、アニメオタクにはこの発言が引っかかったようで、ネット上に、

《そんなに声優やりたいならオファー待つんじゃなくてオーディション受けるべき》
《プロの大御所声優さんだってオーディションで役を取るのが普通の世界で、何甘えたこと言ってんだか。女王様気取りか》
《やりたいアピールをしてオファーを待つ人は本気じゃないと思う》
《声優は売れっ子でもオーディションが当たり前、なめてんのか?》
《お前は声優という職業じゃないから声優の仕事とか言うな! 声の仕事ぐらいにしておけ! 声優さんに失礼だ!》
《本当に声優になりたければオーディション受けろよ》
《タレントだからオファー待ちって何様だ》

などといった書き込みが続出する事態となってしまった。

役者や歌手から転身して立派な地位をつかんだ声優も、最初のころはたたかれてしまうもの。若槻は声優を目指しながらも、どのような発言がオタクの反感を買うかまでは理解できていなかったようだ。

 

【あわせて読みたい】