TBS『モニタリング』ドッキリ企画に「反日かよ!」の怒りの声

(C)Aaron Amat / Shutterstock

2月14日に放送された『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)での検証が、ネット上で物議を醸している。

この日、番組が行ったのは、『もしもスケート場でセクシー美女にお願いされたら…一緒に滑る?滑らない?』という検証。番組に応募した一般夫婦の夫をターゲットに、妻が席を外している間、セクシー美女が色仕掛けで惑わすドッキリを仕掛けていく。

1組目の検証となったのは、まだ結婚して2カ月という新婚の若手夫婦。妻が「トイレに行きたい」と言って夫を1人にすると、胸元を開けた仕掛け人が登場し「一緒に滑りませんか?」と笑顔で誘惑していった。当初は「彼女がいるんで…」と断る姿勢を見せていた夫だったが、最終的に「(彼女が帰ってくるまでだったら)まぁいいですけど」とこれを承諾。2組目の夫もノリノリで誘いを受け、両夫婦の間にはネタばらし後も気まずい空気が流れた。

 

日本人=スケベで情けない?

そして3組目のターゲットとなったのは、この企画初めてとなる国際カップル。彼女がチュニジア人の彼氏を1人にしたところで、セクシー美女が色仕掛けで駆け寄っていく。

しかし、この男性は美女と一定の距離を置き、一緒に滑ろうという誘いにも「ムリムリムリ」「今ガールフレンドと一緒にいるから」と即答。その後の執拗な誘いにも断固拒否する姿勢を貫き、番組は「日本人男性とは違い、頑なに拒否!」と男性を褒め称えた。

これにはVTRを見ていたスタジオも驚き、『ブラックマヨネーズ』の小杉竜一は「ドラマチック過ぎ!」と感心。しかし、あまりに対象的な検証結果に疑問を抱く視聴者もいたようで、ネット上には

《日本人=スケベで情けないって刷り込み》
《今回のモニタリング、ディレクターの日本人男性大嫌いっていうのがひしひしと伝わってくる編集だった》
《バラエティーにねじ込むほどの反日的意図を感じる》
《外国人男性を立たせるために、断れなかった日本人男性のみがピックアップされてるよね》
《モニタリング、日本人男をコケにして女性の共感を得て、視聴率を上げようっていう考えでしょ、本当に最低》
《外国人1人だけを取り上げ、日本人の男を蹴落とす番組》

などといった声が上がっていた。

制作側にはそんな意図はなかったのかもしれないが、国際問題で敏感になっているネット民の逆鱗に触れてしまったのかも。

 

【画像】

Aaron Amat / Shutterstock

【あわせて読みたい】